水着を着るならお尻脱毛!お尻ニキビの改善にもつながる

水着を着るならお尻脱毛!お尻ニキビの改善にもつながる

「お尻のほっぺ部分の毛が濃い」「水着を着てもお尻は絶対に出せないから、毎回パレオやショートパンツで隠してる」と悩んでいる女性は、あなただけではありません。

お尻に産毛レベルを超えたムダ毛が生えていることを恥ずかしく思い、自己処理をしている女性はたくさんいます。

でも、自己処理でお尻の皮膚が荒れてしまったとか、お尻ニキビができて自己処理できなくなってしまったという悩みも多いんです。

そこでおすすめなのが脱毛。自分で手が届きにくい部分もスタッフさんにやってもらえますし、脱毛すれば毛に汗が絡まなくなるので、ニキビの改善にもつながりますよ。

お尻脱毛のメリットや、必要な費用・回数について紹介します。

お尻ニキビ改善・予防にも効果があるお尻のムダ毛脱毛

お尻の毛をきれいに処理したいなら、脱毛がおすすめです。

お尻の脱毛というとデリケートゾーンのひとつである肛門周りのOライン(ヒップ奥)がすぐに思い浮かびますが、ここでご説明するのはお尻のほっぺたの部分です。

お尻のほっぺたの部分イラスト

お尻のほっぺ部分の脱毛も、ちゃんと脱毛サロンやクリニックのメニューに用意されているんですよ。お尻の毛を脱毛するメリットを紹介します。

脱毛すると汗が毛に絡まなくなるからお尻ニキビが改善・予防できる

お尻の毛だけではなく、お尻のニキビに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

実は、脱毛すればお尻ニキビも改善・予防できます。

脱毛して毛がなくなると、毛に汗が絡んで長時間お尻にとどまることがなくなり、衛生的だからです。

ニキビがあるのに剃って自己処理していると、ニキビを傷つけて悪化させてしまうことは明らかですよね。自己処理しなくてよくなることで、ニキビの治りも早くなるはずですよ。

手が届きにくいところもスタッフさんに施術してもらえる

お尻は身体の裏側なので、毛を自分で剃るとか、家庭用脱毛器を当てるって難しいですよね。でも脱毛サロンやクリニックなら、スタッフさんにお任せで施術してもらえます。

自己処理では、剃り残したり家庭用脱毛器を打ち漏らしがちですが、サロンやクリニックならそんな心配はいりません。

脱毛が完了すれば面倒な手入れが必要なくなる

脱毛が完了すれば、もう手入れをする必要はありません。特にクリニックでの医療レーザー脱毛の場合、半永久的に脱毛効果が持続します。

サロンでの光脱毛の場合は、ごくまれに脱毛完了後も毛が生えてくることがありますが、生えてきた時に処理するだけでいいのでとても楽です。自己処理を続ける手間とは比べ物になりません。

お尻脱毛には興味があるのよ。だけど、スタッフさんにお尻を見られるのが恥ずかしいから脱毛に通う勇気が出ないわ。
大丈夫。お尻脱毛をしている人はたくさんいるし、スタッフさんも慣れているから「他人のお尻を見てどうこう思うことなんてない」「肌と毛しか見てない」のが実際のところよ。

剃って処理しているとカミソリ負けでプツプツができる

カミソリなどでお尻の毛を処理している人もいるでしょう。確かに、自分で処理していれば脱毛サロンやクリニックに通うより安上がりで気楽ですよね。

でも、自分でカミソリで剃ったり、ワックス脱毛するのは肌トラブルの原因になります。自己処理のデメリットをご紹介します。

カミソリでもシェーバーでもお尻ムダ毛の自己処理は至難の業

カミソリやシェーバーでお尻の毛を処理するのは危険です。

身体の後ろ側なので、間違って肌を切ってしまったり、思ったよりも深く剃ってしまってカミソリ負けの原因になります。カミソリ負けすると、肌に赤いポツポツができて、お尻が汚くなってしまいます。

「シェーバーだとカミソリ負けしない」と言われますが油断大敵。力加減を間違えて肌に強く当てたり、切れ味が悪い刃を使っているとシェーバーでもカミソリ負けします。

カミソリでスパっと毛を切ることで毛が太く見えてしまうデメリットもあります。

ムダ毛の断面が太くなる解説

デリケートゾーンに近いお尻に除毛クリーム使用は危険

中高生を中心に高い人気がある除毛クリームですが、お尻に使うのはおすすめしません。

除毛クリームは毛のタンパク質を溶かして処理する強い化学薬品なので、塗るとひどく肌がかぶれる人がいます。

お尻の皮膚は意外に厚いのですが、それでも肌荒れする危険性はあります。

さらに心配なのは、お尻がデリケートゾーンに近いということ。除毛クリームをシャワーで流した時、デリケートゾーンに触れてしまう可能性が高いです。すると、デリケートゾーンにかぶれが発生する可能性がありますよね。

デリケートゾーンに肌トラブルなんて、悲惨としかいいようがありません。

除毛タオルは手軽な産毛処理方法だが色素沈着に注意

脱毛やカミソリ以外の処理方法として注目されているのが除毛タオルです。こするだけで除毛できるので気軽だと人気があります。

しかし、擦るので肌に負担がかかってしまい、続けているうちにダメージが蓄積して肌が黒ずむ色素沈着を起こす可能性があります。

お尻にニキビや肌荒れがある場合はもちろん使えません。また、除毛できるのは産毛なので、太くて濃い毛が生えている人には効果がありません。

ワックス脱毛でのお手入れは痛いし肌荒れの原因に

お尻脱毛の方法として興味を持っている人が多いのが、海外ドラマ「SEX AND THE CITY」で有名になったワックスでの脱毛です。

ワックス脱毛は即効性があり、すぐにツルツルになりますが、今ある毛を抜くだけなので、また生えてきます。しかも、生えてきた時の様子がかなり汚いと悩んでいる人が多いです。

ワックスを塗ってテープで一気に引き剥がす方法なので肌への負担も大きいですし、ワックス脱毛をした後、ニキビのような赤いポツポツが大量に発生したという体験談もあります。

ワックス脱毛による肌荒れについては「ワックス脱毛する前に読む!本当にあったトラブル事例」を参考にしてください。

いろいろ方法があるってわかったけど、家庭用脱毛器ってどうなの?脱毛サロンに通うより安上がりだし、カミソリやクリームほど肌トラブルも起きなさそうじゃない?
お尻が身体の後ろ側にあるので、残念ながら家庭用脱毛器でも自分でお尻を脱毛するのはかなり難しいわ。間違ってデリケートゾーンや色素沈着がある部位に照射してしまったり、ニキビや傷がある部分に照射してしまったら大変よ。

お尻脱毛の費用と回数をクリニック・サロンで比較

やっぱりお尻の毛をきれいにしたいなら脱毛です。そこで気になるのがかかる費用と回数ですよね。サロンとクリニックを比較しながらまとめましたので参考にしてください。

お尻脱毛だけをしたい場合の脱毛料金

サロンとクリニックでのお尻脱毛にかかる費用を比べてみました。お尻は範囲が大きいので、少し料金が高くなります。

サロンやクリニックごとにお尻の範囲には微妙な違いありますが、おおむね「上限が腰骨、下限が太ももとの境目」と思ってください。

サロンのお尻脱毛の料金
サロン お尻/ヒップ
ミュゼプラチナム 1回9,000円
4回36,000円
銀座カラー 8回42,000円
脱毛し放題75,200円
ジェイエステティック 1~3回 1回あたり5,000円
4~7回 1回あたり4,000円
8~16回 1回あたり3,900円
脱毛ラボ 1回5,980円
エピレ 1回6,000円
6回26,400円
12回49,800円
ディオーネ 6回36,000円
12回60,000円
クリニックのお尻脱毛の料金
クリニック お尻/ヒップ
湘南美容外科 1回17,410円
3回50,220円
6回81,000円
リゼクリニック 5回59,800円

お尻脱毛は太ももや背中とセットにするのがおすすめ

お尻の毛が濃くて悩んでいる人は、背中の毛や太ももの毛も濃いのではないでしょうか。その場合、お尻だけ脱毛すると背中や太ももとの境目が目立ちます。

ですから、いくつかの部位を組み合わせてお得な料金で脱毛できるコース、全身脱毛コースを契約するのがおすすめです。

最近では格安の全身脱毛サロンも登場しているので、きっとあなたが想像していたより安いはず。分割払いもできるので、一気に払えなくても大丈夫ですよ。

全身脱毛におすすめのサロン・クリニックについては「全身脱毛とは?全身脱毛効果を早く出すサロンの選び方と料金」で紹介しています。

4パーツセットや8パーツセットなど、いくつかの部位を組み合わせるコースなら、全身脱毛よりも安い料金で脱毛可能です。

例えばディオーネでお尻、腰、太ももの3カ所をセットにすると、6回で60,000円です。

ディオーネのセット料金
お尻・腰・太もも
それぞれ単品の料金
お尻6回 36,000円
腰6回 21,000円
太もも6回 48,000円
合計 105,000円
お尻・腰・太もも
セット料金
(Lパーツ3カ所)
6回 60,000円

お尻脱毛にかかる回数は医療レーザーで5~10回

料金と同じくらい気になるのは、通う回数の目安です。通う回数が多くなってしまうと、定額の脱毛し放題ではない場合、それだけ追加の費用が発生してしまいます。

クリニックでの医療レーザーだと5~10回で脱毛が完了します。一方、光脱毛サロンの場合には12~18回が目安です。

お尻は比較的細い毛が多い部位です。メラニンが少ない色が薄い細い毛が多い場合、光脱毛の弱いパワーでは、毛根まで熱ダメージがつたわりにくくて効果がでにくくなります。

ただし、医療脱毛はレーザーのパワーが強くて効果が高いため、痛みも強いです。

お尻の大部分は皮膚が厚く脂肪も多いため、太ももの内側やVIOなどに比べれば痛みは比較的少ないほうですが、尾てい骨に近い部分は、骨に響く感じでかなり痛いと思ってください。

脱毛を早く終わらせたいなら医療レーザー脱毛がおすすめだけど、痛みに耐えられるか不安という人も多いわよね。クリニックではお試しで照射してもらえるから、耐えられる痛さかどうか試してみるといいわ。

ニキビがあっても脱毛できる?お尻脱毛の注意点と疑問点

実際にお尻脱毛に行く前に解決しておきたい疑問点や、知っておきたい注意点をご紹介します。

お尻ニキビがあっても脱毛してくれるサロンや、知っておきたい硬毛化・増毛化のリスク、意外なお尻の皮膚の特徴について説明します。

ニキビがある状態でも施術できるサロンはディオーネ

医療レーザー脱毛ができるクリニックだと、ニキビの炎症がひどいところは避けて施術してくれるところが多いです。

サロンでは、ハイパースキン脱毛を採用しているディオーネなら、ニキビ肌でも施術可能です。

その他の光脱毛サロンでは、ひどいニキビ肌だと断られることがほとんどだと思ってください。

ディオーネが採用しているハイパースキン脱毛は、他の光脱毛のように高熱を使わないので、ニキビ肌でも切可能なんです。脱毛効果を実感するまでの期間は、他の光脱毛と変わりません。

なお、多くの光脱毛サロンでは、ステロイド系のニキビ治療薬を使っている場合も、施術を断られます。ステロイド系の薬を使っている場合、脱毛によって色素沈着が起こり、肌が黒ずんでしまうことがあるからです。

お尻脱毛のリスクは硬毛化と増毛化

お尻脱毛には「硬毛化」と「増毛化」というリスクがあります。どちらも、おしりに生えているような細い毛に脱毛のための光をあてることで起こります。

硬毛化・増毛化の症状
  • 硬毛化:細かった毛が太く濃くなること
  • 増毛化:毛が生えてなかった毛穴からも毛が生えてくること

増毛化や硬毛化などのトラブルに迅速に対応できるのはクリニックで、その中でもリゼクリニックはサポートが充実しています。クリニックやサロンを選ぶときには、トラブル時のサポートが受けられるかを事前カウンセリングで聞いておきましょう。

硬毛化と増毛化について詳しくは硬毛化や痛みに注意!太もも脱毛の注意点と疑問点で説明しています。

お尻は擦れて角質が厚くなりやすい!脱毛後はしっかり保湿

あまり知られていませんが、お尻は保湿が大切な部位です。

なぜなら、お尻は椅子や服、下着と擦れやすいからです。擦れると角質が厚くなって肌がゴワゴワしたり、黒ずんだり、ニキビが悪化しやすくなります。これらのトラブルを予防するには、普段から保湿をして皮膚をやわらかく保つことが大切なんです。

特に、皮膚に強い光をあてて負担をかける脱毛施術のあとは、きちんと保湿することが必須。

せっかく毛がなくなっても、肌がゴワゴワだったらきれいなヒップとは言えませんから、脱毛後のケアにも手を抜かないでくださいね。

脱毛に行こうと決めたけれどお尻ニキビができた・・・!ニキビを治しながら通いたいけど、薬以外にお尻ニキビをマシにできる方法はある?
ショーツをコットン100%のものに変えて通気性を良くするとか、トイレの便座やお風呂の座椅子はよく拭いてから・洗ってから使う、入浴時にはボディソープなどが残らないようにきちんと洗い流すなどの対策をとってみて。

脱毛でビキニが似合うツルスベのお尻を手に入れよう!

お尻の毛を自己処理するのはとても難しいし危険ですから、サロンかクリニックで脱毛しましょう。

硬毛化・増毛化への対応や、脱毛完了までの時間を考えると医療レーザー脱毛ができるクリニックでの脱毛がおすすめです。しかし痛みが強いので、痛みに耐えられない人は定額制の脱毛し放題プランがある光脱毛サロンを選びましょう。

お尻ニキビがある場合は、クリニックかディオーネでの脱毛がおすすめです。

そして脱毛後はとにかく保湿。毛がなく、肌もツルツルで柔らかい、女性らしいお尻を目指してくださいね。

※記載されている料金、キャンペーン、店舗情報などは2017年7月現在のものです。