おでこ脱毛で狭い額とサヨナラ!おすすめの脱毛方法と注意点

おでこ脱毛で狭い額とサヨナラ!おすすめの脱毛方法と注意点

おでこ(額)が狭かったり、髪の生え際の形がいびつだと、前髪をアップにできずヘアスタイルも限られてきますよね。多くの人が頭を抱えるおでこの悩みは、産毛をキレイに脱毛すれば解消できますよ。

最近では人気モデルのダレノガレ明美さんも、脱毛をして理想のおでこを手に入れたと話題になっています。しかも、おでこ脱毛のメリットは、生え際をキレイな形に整えることができるだけではありません。

額の細かい産毛がなくなることで、化粧ノリが良くなるといった様々な嬉しいメリットもあるんです。

おでこの産毛の脱毛方法や特徴を知って、理想のおでこを手に入れれば、自信を持って色々なヘアスタイルに挑戦できるようになりますよ。

狭いおでこの悩みを解消するだけじゃないおでこ脱毛のメリット

髪の生え際の太めの産毛や、おでこ全体に生えている薄い産毛。これらのムダ毛をどうにかしたいと考える人の多くは、狭くていびつな額の形に悩んでいます。でも、おでこの産毛処理には、広さや形の悩みを解消するのはもちろん、他にも嬉しいメリットがあるんです。

おでこ脱毛の範囲

おでこ脱毛のメリットは以下の通りです。

おでこ脱毛のメリット
  • おでこの形を整える
  • 化粧ノリや化粧持ちを良くする
  • くすみを解消して肌を明るく見せる

おでこの形については、最近モデルのダレノガレ明美さんが理想の形に脱毛したと話題になっています。髪の生え際の産毛を整えることで、おでこを広くキレイな形にすることができますよ。


また、髪の生え際から眉上まで生えている細かい産毛を処理すれば、ファンデーションが肌により密着して、化粧ノリや化粧持ちが良くなります。

産毛が多いと肌が黒くくすんで見えてしまいますが、産毛を処理すればくすみが消え、肌のトーンもUPしますよ。

おでこのムダ毛をキレイに処理すればコンプレックスを解消するだけではなく、色々なメリットがあるのよ。

おでこの面積って顔の中でも広いから、化粧ノリの改善やくすみ解消ができるなんて嬉しいわよね。

おでこ脱毛の方法は2種類!脱毛効果や料金を徹底解説

おでこを広く、キレイな形に整えるためにはサロンやクリニックの脱毛で、産毛を生えてこないようにしてしまうのがオススメです。プロの脱毛なら、事前に生え際のデザインを相談できますよ。

脱毛の方法にはクリニックの医療レーザー脱毛と、サロンでの光脱毛の2種類あります。どちらも脱毛の仕組みは同じで、肌に光を当てて、毛の組織にダメージを与えることで脱毛します。

わざわざ呼び方を変えているのは、当てる光の威力が違うためです。医療レーザーはクリニックの専門医にしか取り扱えないくらい強力ですが、光脱毛は誰でも取り扱えるように威力が抑えられています。

それぞれの方法の特徴や、気になる効果、料金について紹介します。

サロンの光脱毛なら肌に優しい!でも脱毛効果は緩やか

光脱毛で使う光は威力が抑えられているため、脱毛効果も医療レーザー脱毛に比べて低くなります。脱毛が完了すればムダ毛が生えてこなくなる人が多いですが、中には数年後に再びムダ毛が生えてきてしまう人もいます。

威力は低いですが、その分痛みが弱く、副作用が起こる可能性も低くなります。顔に万一何かあれば目立ってしまうので、安全性が高いのは嬉しいですよね。

光脱毛の特徴
光脱毛の特徴 程度
脱毛効果 低い
痛み 小さなゴムでパチンと弾かれるような痛み
副作用の可能性(痛みや炎症など) 低い

脱毛完了までの施術回数は12回程度で、2~3年程度と長期間かかります。

これほど時間がかかる理由は、脱毛で当てる光は毛の黒い色素のメラニンに反応するのですが、おでこ全体に生えている産毛のように毛が細いとメラニンの量も少なく効果が出にくいんです。

医療レーザーの効果は強力なので、毛の太さで脱毛効果がそこまで左右されることはありません。でも、サロンの光脱毛のパワーでは毛の太さによって効果が違ってしまいます。

また、気になる光脱毛の料金は以下の通りです。光脱毛の場合、脱毛完了までにかかる回数が多い分、料金も高くなります。

光脱毛の料金の例
サロン名 額脱毛料金 顔全体脱毛プランの料金
銀座カラー 額のみの脱毛なし 鼻下除く顔全体:42,000円(8回)
エピレ 49,800円(12回) 69,600円(8回)
エステティックTBC 49,800円(12回) 69,600円(8回)

顔全体の脱毛プランだと8回セットしかありませんが、エピレやエステティックTBCの額脱毛なら満足行くまで脱毛可能です。

光脱毛の施術回数の目安は12回と紹介しましたが、おでこの生え際の太い産毛だけが気になっている場合は、脱毛結果に満足がいくまでの回数が少なく済む可能性もあります。おでこの生え際の産毛は太く、薄い産毛に比べてメラニン量も多いので、脱毛効果が早く出やすいからです。

その場合、顔全体脱毛のプランで様子を見てから、額脱毛で満足が行くまで追加脱毛したほうがお得と言えます。

光脱毛の効果やメリットについては「光脱毛は医療レーザー脱毛とどう違うの?光脱毛ならではのメリット・効果」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

クリニックの医療レーザー脱毛は効果が高いが副作用あり

医療レーザー脱毛では強力な光を使うため、高い脱毛効果が期待できます。でも、その分光脱毛と比べると痛みが大きく、副作用が出る可能性も高くなります。

医療レーザー脱毛の特徴
医療レーザー脱毛の特徴 程度
脱毛効果 高い
痛み 太いゴムでバチンと弾かれるような痛み
副作用の可能性(痛みや炎症など) 高い

痛みについては、おでこをはじめ顔の皮膚は薄く、痛みを感じる神経の多い場所なので、脱毛時に強い痛みを感じる人も多くいます。

副作用については、施術後ほとんどの人に薄っすらと赤みが出てしまいますが、早い人で脱毛当日、遅くても2~3日できれいに治まります。

痛み、赤みともに、施術時に相談すれば麻酔クリームや炎症止めクリームを処方してもらえるので、遠慮無く担当医に相談しましょう。万一何かあってもクリニックでの施術なので、すぐに正しい処置をしてもらえて安心ですよ。

おでこ脱毛に必要な施術回数については、5回程度です。

脱毛完了するまでに1年~1年半かかります。料金については以下の通りです。

医療レーザー脱毛の料金の例
クリニック名 額脱毛料金 顔全体脱毛プランの料金
湘南美容外科クリニック 28,750円(6回) 52,650円(6回)
アリシアクリニック 27,500円(5回) 144,300円(5回)
リゼクリニック 29,800円(5回) 98,800円(5回)

医療レーザー脱毛の仕組みやメリットについても「医療レーザー脱毛のメリットは?気になる仕組みと料金・痛み・効果」で紹介していますので、ぜひご一読ください。

うーん、効果を考えると医療レーザーだし、安全性を考えたら光かな。考えれば考えるほど、どっちが良いのか分かんないよ~!
私はちゃっちゃと脱毛してすぐにキレイになりたいから医療レーザーかしら。副作用が出たって前髪で隠せば大丈夫でしょ。
どちらの方法もメリットとデメリットがあるから迷うわよね。でも私がオススメするのは光脱毛なの。

理由はこのあと説明するわよ。

医療レーザー脱毛は効果が高すぎて失敗しがち!おすすめは光脱毛

おでこ脱毛には光脱毛をおすすめします。

その理由は、医療レーザー脱毛だと効果が高すぎるからです。たった一回の施術でおでこの生え際の産毛がなくなり過ぎてしまい、違和感を感じたり失敗する人が多くいます。

医療レーザー脱毛も光脱毛も、施術前にデザインを相談することはできますが、実際に脱毛してみると、理想のおでこの形が顔のバランスに合わないことも多いんです。

特に前髪の生え際は、わずかな違いで不自然に見えてしまうので、脱毛してから「ハゲてしまったように見える」とか「産毛がなくなった分、顔が長く見える」と悩んでいる人もいます。

なので、効果は緩やかですが少しずつ様子を見ながら脱毛できる光脱毛の方が、デザインが重要なおでこ脱毛には適しているんです。

光脱毛でも、毛の生え変わる時期(毛周期)を意識して脱毛に通えば効果を上げることができますよ。詳しくは「脱毛に最適な周期は部位ごとで違う!毛周期に合わせて脱毛しよう」で解説していますので、光脱毛に通う前にぜひ確認してみてくださいね。

えーっ、せっかくキレイになろうと思って脱毛しても、ハゲて見えちゃうなんて意味無いじゃない!
もちろん、医療レーザー脱毛で理想のおでこを手に入れた人もいるわよ。

でも、レーザーを当てる範囲を広くしすぎて似合わなかったり、顔が大きく見えてしまったりと失敗する人が多いのが実際のところなの。

効果が高いっていうのも、脱毛部位によっては考え物なんだね・・・。
そうね。だから、光脱毛で少しずつ様子を見ながら理想のおでこに近づけた方が安全よ。

おでこのムダ毛は自己処理NG!黒ずみや肌トラブルの原因になる

おでこの皮膚はデリケートなので、カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理してしまうと、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

自己処理の方法ごとに、どのような危険性があるのか紹介します。

カミソリは一番手軽だけど肌を傷つける可能性大

ムダ毛の自己処理方法で一番手軽なのが、カミソリで剃る方法です。でも、おでこ全体の産毛をカミソリで処理すると、肌に直接刃が触れてしまうため、気づかないうちに目に見えない小さな傷がついてしまいます。

「目に見えない傷なら問題ない」という人もいるかもしれませんが、単に傷がついてしまうだけでは無いんです。

何回もカミソリによる自己処理を続けていると、肌が細かい傷を修復しようとして黒い色素(メラニン)を放出し、黒ずみになってしまう恐れがあります。

眉上から髪の生え際の手前までの産毛を今すぐ処理したい場合は、眉毛用の電動シェーバーを使って剃りましょう。顔用の電動シェーバーなら、刃が直接肌に触れることもなく、肌を傷つける心配はありません。

髪の生え際の少し太い産毛については、カミソリも電動シェーバーも絶対に使わないでください。剃り跡が青く目立ってしまいますし、中途半端に伸びてきた時に見た目が悪くなり、ずっと剃り続けなければならなくなります。

毛抜きで抜くと埋没毛の原因に!おでこに黒いプツプツができる

おでこの生え際の産毛については、毛抜きで処理して形を調整するという方法もありますが、こちらもおすすめしません。ムダ毛処理後の毛穴に雑菌が入り、炎症を起こしてしまう可能性があるためです。

特に、ムダ毛処理で毛穴が傷ついてできるかさぶたのせいで、新しい毛が皮膚の中で埋もれたまま成長してしまい、埋没毛になってしまう恐れがあります。

埋没毛のメカニズム解説イラスト

埋没毛になると、埋もれた毛が毛穴の中でクルクルと渦巻いたり、黒いブツブツになってしまったりと見た目も悪く、今後の自己処理もやりづらくなってしまいます。毛抜きを使うのもやめましょう。

当サイトには「埋没毛(埋もれ毛)の原因と対策・予防法とは!黒いぶつぶつを撃退」もありますので、気になる方はぜひご覧くださいね。

除毛クリームはデリケートな顔の皮膚に肌荒れを引き起こす

ムダ毛の自己処理は除毛クリームによる方法もあります。肌に除毛クリームを塗って、ムダ毛を溶かして処理するというものです。

自宅でできる気軽な方法ですが、除毛クリームは毛を溶かすほど強力な薬剤なので、肌に合わない恐れがあります。

腕や足なら万一かぶれてしまっても服で隠すこともできるかもしれませんが、顔がかぶれてしまっては外出するのもイヤになってしまいますよね。

除毛クリームの効果については「除毛クリームなら剃り跡なし!しかし肌荒れのデメリットも」の記事で紹介していますが、顔に塗るのはリスクが高いのでおでこ脱毛には使わないようにしましょう。

自己処理は、肌トラブルの原因になるだけじゃなく、生え際のデザイン調整も難しいからやめておいたほうがいいわよ。

髪の生え際に産毛が全く無くて、いきなり髪の毛が生えてても違和感あるでしょ。

剃ったり抜いたりすると、中途半端に生えてきたときにも見た目が悪くなるし良いことないわ。

おでこのムダ毛は光脱毛で!少しずつ理想のおでこに近づこう

おでこのムダ毛を脱毛する場合は、デザインを微調整するためにも光脱毛で少しずつ脱毛するのがオススメです。おでこ全体に生えている細かい産毛も、ほとんど痛みもなくキレイにできますよ。

ただ、光脱毛にいくとしても、理想のおでこの形は自分の中でしっかりと決めておきましょう。また、実際に自分が脱毛したいと思っているよりも狭い範囲で施術してもらうことも重要です。脱毛し過ぎておでこが広くなりすぎてしまっても、脱毛してしまうとなかなか毛は生えてきません。

脱毛効果の様子を見ながら徐々に脱毛範囲を広げていって、時間をかけて理想のおでこを手に入れましょう。

※記載されている料金などは2017年7月現在のものです。