鼻下や口周りの脱毛方法!意外と目立つ女性のヒゲをなくそう

鼻下や口周りの脱毛方法!意外と目立つ女性のヒゲをなくそう

鼻の下にうっすら生えたヒゲ、お化粧中やふと鏡を見た瞬間に気になったことはありませんか?そのヒゲ、もしかしたら友達や彼氏にもしっかり見られているかもしれません。

顔の中心に近い鼻の下や口周りのムダ毛は意外と目立ってしまう上、誤った自己処理をしてしまうと顔に傷がついてしまうので厄介です。でも、正しくムダ毛処理すればファンデーションのノリもよくなり、お肌をワントーン明るく見せることができますよ。

うっすら生えたヒゲの処理方法は5つあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。肌に優しく、安全なムダ毛処理の方法を見つけて、明るく透明感のある肌を手に入れましょう。

鼻下と口周りのムダ毛は半数以上の女性が処理してる

鼻下の毛といえば、男性のヒゲを思い浮かべますが、女性でも鼻下や口周りには無数の毛穴があり、誰にでもうぶ毛が薄く生えています。

スキンケア商品や化粧品を製造、販売しているドクターベルツが2014年に行った「現代女性の健康と美容に関する意識調査レポート」によると、顔の産毛でお手入れしている箇所として最も多かったのが「鼻の下」、続いて「口周り」という結果でした。

現代女性の健康と美容に関する意識調査レポート

顔のうぶ毛が気になるか年代別の応え

この2箇所の合計は55.7%で、およそ半数以上の女性が鼻下と口周りのムダ毛を気にして処理をしているということになります。

鼻下や口周りは顔の中心に近くて目立つため、うぶ毛といえどみんな処理をしているんですね。

口周りのヒゲやムダ毛がなぜ生えているのかは諸説あって、異性の興味をひきつけるためのものだという説と、生死に直結する大切な鼻や口を守るためという説が主流になっているのよ。

誰にでもうぶ毛が生えているとはいえ、気になりだすと止まらないわよね。

鼻下と口周りの5つの脱毛方法!メリットとデメリットを解説

多くの女性が気にしている口周りの産毛。キレイに処理すれば化粧ノリがよくなり、ファンデーションやコンシーラーの厚塗りとおさらばできる効果があります。何より肌のトーンが明るくなって、顔の印象も変わってくるんですよ。

まだ鼻下のムダ毛を処理していない人や、うぶ毛が気になっているものの処理の仕方が分からない人に、5つの処理方法を紹介します。

普段すでに鼻下のムダ毛処理をしている人も、今の処理方法が自分に合っているのか、もっと良い方法はないのかチェックしてみて下さいね。

医療レーザー脱毛や光脱毛ならムダ毛とサヨナラできる!

クリニックで行う主な脱毛は「医療レーザー脱毛」、サロンで行う主な脱毛は「光脱毛」といいます。

「鼻下や口周りのムダ毛を二度と見たくない!」という人には、根本的にムダ毛が生えてこないようにするクリニックの医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛がおすすめです。

また、鼻下のうぶ毛を剃ると青ひげになってしまう人や頻繁な自己処理で色素沈着を起こしてしまっている人も、脱毛してしまえばどちらの悩みも解決しますよ。

さらにクリニックやサロンによっては、脱毛後に質の高い保湿ケアを行ってくれるところもあり、美肌効果も期待できます。

クリニックでは医療レーザー脱毛、サロンでは光脱毛が行われているのですが、この2つの違いは肌に当てる光の威力です。

医療レーザー脱毛も光脱毛も、毛の黒い色素であるメラニンに光を当てて、毛そのものや毛を育てる細胞を破壊することで脱毛します。医療レーザーはこの光の威力が強く、専門医しか取り扱えないことになっています。一方、光脱毛の光は誰でも扱えるくらいの強さに抑えられているんです。

当サイトには医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらが鼻下や口周りの脱毛に適しているのか徹底検証した「医療レーザーvs光脱毛!女性のひげ脱毛はどちらがおすすめ?」の記事もあります。鼻下脱毛を検討する際には、ぜひ読んでみてくださいね。

ただ、医療レーザー脱毛や光脱毛にもデメリットがあります。脱毛時に肌に当てる光が、産毛には反応しにくいんです。

なので脇や他の部分の脱毛に比べると、毛が生えてこなくなるまでの施術回数も多くなり、その分費用もかさんでしまいます。

さらに光脱毛の場合は威力が緩やかなので、鼻下や口周りの薄い毛にはあまり脱毛効果を実感できない可能性があります。光脱毛を検討する場合は、このことも考慮して決めましょう。

鼻下を安く脱毛したいなら「アリシアクリニック」

根本的に鼻下のムダ毛をなくしたいなら、効果の面を考えると医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛の施術が受けられるクリニックは数多くあるため、どのクリニックで施術を受ければいいか迷う人も多いと思います。

クリニックを選ぶ基準は人によって違うと思いますが、料金の安さもひとつの目安になりますよね。

鼻下が安く脱毛できておすすめなのは、「アリシアクリニック」。関東を中心に展開しています。

鼻下脱毛は3万円以上かかるクリニックが多い中なか、アリシアクリニックなら16,500円(5回)で施術可能です。

早くて安い!カミソリと顔剃り用電気シェーバー

カミソリと顔剃り用電気シェーバーのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 値段が安い
  • 太い毛も細い毛も素早く処理できる
  • 丁寧に剃らなければ肌を傷つける
  • 色素沈着の可能性がある
  • 産毛が濃くなったように見える

カミソリや電気シェーバーでの処理は、値段が安く、太い毛も細い毛もスピーディーに処理できるというメリットがあります。

顔剃り用のカミソリは3本セットで500円ほど、女性向けの顔剃り用電気シェーバーも1,000~2,000円程度で売っているので、手軽ですね。

ただ、カミソリによる処理は肌へ無理な負担を与えてしまい、丁寧に剃らなければ肌を傷付けてしまうこともあります。

また、カミソリや電気シェーバーで頻繁に処理をすると、メラニンという黒い色素が過剰に作られてしまい、色素沈着を起こしてしまいかねません。色素沈着を起こした部分は、他の肌と色が変わってしまうため、ファンデーションで隠そうとしても浮いて見えてしまいます。

さらに、うぶ毛を剃ることで毛が濃くなったように見えてしまうこともあります。男性で青ひげが目立っている人ってたまにいますよね?あれは、太い毛をカミソリで剃ることで毛の断面が視界に入って、ヒゲが目立ってしまっている状態なんです。

体毛の見える部分

参照元:美活動

決して毛自体が太く濃くなるわけではありませんが、「濃くなったように見える状態」は女性のうぶ毛にも起こりうることです。実際に鼻下や口周りの毛が濃い女性は、これが原因で青ひげになってしまって悩んでいる人もいるんです。

ただ、色素沈着や肌トラブルを予防する方法はあります。

  • カミソリではなく、顔剃り用の電気シェーバーを使う
  • 3週間に1回の頻度で処理する
  • 剃る前に、顔剃り用のシェービングクリームを塗る
  • 剃った後は化粧水やクリームでしっかり保湿する

顔剃り用の電気シェーバーは、軽く刃先を肌に当てて動かすだけでムダ毛が剃れるので、肌を傷つける心配はほとんどありません。

肌にダメージを与えない頻度で、シェービングクリームを使って丁寧に処理しましょう。

手軽だけど痛い!毛抜きによる処理はおすすめできない

毛抜きによる処理のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ピンセットさえあれば脱毛できる
  • 費用が安い
  • 肌への負担が大きい
  • 炎症や赤み、毛穴の広がりが生じることも

「毛抜きで口周りの産毛を抜くなんて痛い!」と感じる人もいると思いますが、剛毛女子に意外と多いのがこの毛抜きによる自己処理です。ピンセットさえあればムダ毛処理できるので、とても安上がりに脱毛できます。

ただ、毛抜きでの自己処理は想像通りとても痛いです。

当サイトでは、毛抜きの正しい使い方やおすすめ毛抜きを紹介している記事もありますが、鼻下の産毛に使用するのは肌への負担も大きくオススメできません。

顔の皮膚の角質層は0.1mmと他の部分(手のひらは0.4~0.6mm)に比べて薄いため、無理に産毛を抜くと皮膚が炎症を起こして赤くなったり、毛穴が広がって目立ってしまいます。

顔には刺激が強すぎる脱毛テープやワックスと除毛剤

脱毛テープやワックス・除毛剤のメリットとデメリット
メリット デメリット
特に無し
  • 肌への負担が大きい
  • 肌荒れや炎症、赤みが生じることも

毛抜き以外でムダ毛を抜いてしまう方法には脱毛テープや脱毛ワックスがあり、他には除毛剤を使って毛を溶かしてしまうという処理もあります。

脱毛テープの使用方法や、脱毛ワックスのメリットデメリット、また除毛剤の基礎知識についても、当サイトで紹介している記事がありますが、いずれも鼻下のうぶ毛処理には不向きです。

脱毛テープや脱毛ワックスは、脱毛部分に貼ったり塗ったりして毛を引き剥がす方法で、肌への負担も大きく、オススメできません。除毛剤についても、毛を溶かす薬品なので肌への刺激も強く、肌荒れや炎症を起こす可能性があります。

万一、顔に炎症が起きてしまったら、外出するのも嫌になってしまいますよね。脱毛テープや脱毛ワックス、除毛剤は、顔のムダ毛の自己処理では使用しないでおきましょう。

絶対肌を傷つけたくないならおすすめの抑毛ローション

抑毛ローションのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 肌に塗るだけで自然とムダ毛が薄くなる
  • 痛みや炎症が起きる心配はなく安全
  • 効果が現れるまで時間がかかる
  • 使い続けなければ効果が持続しない
  • 効果が出るまでの期間は他の方法と平行してムダ毛処理をする必要がある

カミソリや毛抜きで絶対に肌を傷つけたくないという人の中には、抑毛ローションを使っている人がいます。

抑毛ローションとは、肌に塗るだけでムダ毛が薄くなっていく化粧水のようなものです。

主成分は、ムダ毛の成長を抑える女性ホルモンと似た働きをする「女性イソフラボン」が使われています。だから痛みもなく、毎日塗るだけで自然にムダ毛が薄くなるんですね。

抑毛ローションは、ドラッグストアで100~150mlで2,000~5,000円程度で売られているので簡単に手に入りますよ。全身のムダ毛に塗るならあっという間になくなってしまう量ですが、顔に塗るくらいなら化粧水と同じくらいの頻度で買い足せばOKです。

当サイトには抑毛ローションの効果や、使い方のコツについて紹介している記事もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ただ、抑毛ローションは効果が現れるまで時間がかかるというデメリットがあります。

効果が現れ始めるのは通常1~2ヶ月程度で、長い人は半年かかります。

しかも抑毛ローションの使用をやめたら、毛は元通りの濃さに戻ってしまうんです。抑毛ローションは使い続けないと効果が持続せず、しかも効果が出るまでの期間は他の方法と並行してうぶ毛処理をしなければなりません。

気になったんだけど、医療レーザーや光脱毛って痛みは無いの?
確かに、光で毛の細胞を破壊するって言われると危険なんじゃないかと思うわよね。
レーザーも光脱毛も、毛根を光で破壊するから肌に直接刺激があるわけじゃないのよ。

でも、施術時にはゴムで弾かれるような痛みを感じる人もいるわ。

あと毛根が破壊される時の熱で、軽いやけどのような状態になったり赤みが出てしまう場合もあるけど、1~3日で治まるわよ。

鼻下と口周りの脱毛方法を費用や効果で検証してみた

鼻下と口周りのムダ毛処理方法について、費用や効果の点から検証してみました。

費用・安全性・効果の比較
費用 安全性 効果
医療レーザー脱毛
光脱毛
◯(医療レーザー脱毛)
△(光脱毛)
カミソリ
電気シェーバー

(カミソリは×)
毛抜き ×
脱毛テープ・ワックス・除毛剤 ×
抑毛ローション ×

自己処理を続けていくなら一生お金がかかりますが、クリニックやサロンで脱毛すれば初期費用はかかりますがムダ毛処理から解放されます。そういった点でクリニックやサロンで脱毛した場合の料金は、料金は高いとは言えませんね。

クリニックやサロンでの脱毛でなく、自己処理をするなら顔剃り用の電気シェーバーを使うのがおすすめね!カミソリは雑に扱うと肌を傷つけるから、要注意よ。

処理する時にはシェービングクリームを塗ったり、処理後は保湿をしっかりして肌トラブルを予防してちょうだい。

脱毛と電気シェーバーを並行して鼻下や口周りの産毛を撲滅しよう!

根本的に鼻下のムダ毛から解放されたい場合は、医療レーザー脱毛や光脱毛でムダ毛自体を生えないようにすることをおすすめします。

医療レーザー脱毛や光脱毛では効果を感じるまでに数回程度通わないといけません。そのため電気シェーバーによる処理を並行すれば、その間も鼻下の産毛で恥ずかしい思いをすることもないでしょう。

剃る前にはシェービングクリームで肌を保護し、剃った後もしっかり保湿をして肌トラブルを防ぐことが大切です。