光脱毛器だけじゃない!家庭用脱毛器の種類・特徴・選び方

光脱毛器だけじゃない!家庭用脱毛器の種類・特徴・選び方

脱毛したいけれど、仕事が忙しかったりしてサロンに通うのが難しいと考えていませんか。

サロンの全身脱毛はほとんどの場合20万円以上かかりますし、通い終わったあとに毛が生えてくることもあり、高額な費用に効果が見合うのかわからず躊躇している人もいるでしょう。

そんな人のために市販されているのが、家庭用脱毛器です。サロンに通うより安く、自宅でいつでも脱毛ができるので、最近人気が高まっているんですよ。

でも、家庭用脱毛器はどれも同じというわけではありません。レーザー脱毛器、光脱毛器などの種類があって、効果を感じるまでの期間、脱毛時の痛み、手間、費用などが違います。

それぞれの特徴を知って、自分の予算や性格にあったものを選びましょう。

家庭用脱毛器はどれも同じじゃない!種類と特徴を見極めよう

家庭用脱毛器にはたくさんの種類があります。

脱毛器の種類
  • レーザー脱毛器
  • 光脱毛器(フラッシュ式脱毛器、IPL脱毛器)
  • サーミコン脱毛器
  • バルジ式脱毛器
  • 超音波脱毛器、高周波脱毛器

これらは、どれも同じというわけではありません。

脱毛器によって、肌への負担・痛みや、脱毛器の価格、効果を感じ始めるまでの期間が大きく変わってきます。

「自宅で手軽に脱毛したいから」という理由で家庭用脱毛器の購入を考えている人は、1回の脱毛にかかる時間も重要な比較ポイントです。

脱毛効果が高いレーザー式は、レーザーを照射できる範囲(照射面積)が狭いので、脚や腕など、広い範囲を脱毛するときには時間がかかります。

脱毛器それぞれにメリットとデメリットがあるので、特徴を知った上で、自分にあったものを選ぶのが大切です。例えば、痛みに弱い人がレーザー脱毛器を買ってしまったら、途中で使わなくなる可能性が高いですよ。

脱毛器の種類と違いを、詳しくご紹介します。

家庭用脱毛器にこんなに種類があるなんて知らなかったわ。だって今まで誰も教えてくれなかったんだもん・・・!こんなに種類があったら、どれを選んだらいいのかなんてわからない!
「家庭用脱毛器はどれも同じ」だと思っていたら大間違いよ。次から脱毛器の種類や違いをしっかり説明するから、違いを知ったうえで選んでね。

効果が高いレーザー脱毛器は、脱毛時の痛みが強い

レーザー脱毛器は、毛の黒い色を作るメラニン色素に反応するレーザーを当て、毛を育てている毛根(毛乳頭)にダメージを与えて脱毛します。

レーザーの熱で脱毛する仕組み

医療レーザー脱毛と同じ仕組みですが、家庭用のレーザー式脱毛器は、医療用よりパワーが小さくなっているので、医師や看護師でなくても安全に使うことができます。

家庭用レーザー脱毛器で有名なのは、トリア(54,800円)です。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xの画像

しかし、使用時の痛みが強いというデメリットもあります。詳しくご紹介します。

医療用レーザー脱毛と同じ方法で効果が高いのがメリット

家庭用のレーザー脱毛器は、家庭用の光脱毛器やサーミコン脱毛器に比べて脱毛効果が高いです。

2カ月くらい経てば、毛が薄くなっていることを実感できます。ただし、毎日同じ場所に脱毛器を使っても効果が出るのが早くなるわけではないので、注意してください。

レーザーは毛根のメラニン色素に反応しますが、毛の寿命の後半から、次の毛が生えるまでの準備期間には、毛根部にはメラニンはほとんどありません。ですから、この時期にレーザー脱毛器を使っても意味がないんです。

毎日使うと、肌にも負担がかかります。最初の3カ月は2週間に1回くらいのペースで使いましょう。

レーザー脱毛器のデメリットは、手間がかかって痛いこと

レーザー脱毛器の最大のデメリットは、痛みが強いことです。レーザーをあてたとき、ピリっとした鋭い痛みを感じます。

脚や腕なら我慢できる程度ですが、デリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)など、毛が太かったり、骨に近い部分だと痛みが強くなります。

Vラインはショーツの上・両サイド
Iラインは太ももの付け根に沿った部位
Oラインはお尻の穴の周り

VIO脱毛について詳しくは「VIOを脱毛するのには理由がある!はみ毛・蒸れ・においを撃退」の記事で解説しています。

使った後に肌に赤みが出てしまう人もいます。赤みは1時間もすればおさまりますし、脱毛器を使う前後に保冷剤で肌を冷やすと痛みは軽減します。しかし、痛みに弱い人、肌が弱い人にはおすすめできません。

またレーザー脱毛器は照射範囲が狭いので、何回も照射しないといけません。時間と手間がかかりますし、何度も痛みに耐える辛さがあります。

日焼けしていると毛ではなくて肌のメラニンにレーザーが反応してしまうので、日焼けしている人は使えません。

レーザー脱毛器が痛いっていうけど、痛みの感じ方なんて人それぞれでしょ?私は痛みに強いし、実際そんなに痛くないんじゃないの!?
私は家庭用レーザー脱毛器経験者だけど、デリケートゾーンはかなり痛かったわよ。痛いのが嫌で、レーザー脱毛器から光脱毛器に乗り換える人もいるくらいなの。買うなら覚悟が必要ね。

光脱毛器は一気に広範囲をケアできて痛み控えめ

光脱毛器は、フラッシュ式脱毛器とかIPL(インテンスパルスライト)脱毛器などとも呼ばれています。家庭用脱毛器として大人気のケノン(98,000円)は、光脱毛器です。

家庭用脱毛器ケノンの画像

レーザー脱毛と同じように、毛に光を照射して脱毛しますが、光脱毛のほうが出力が低くて、照射面積が広いのが特徴です。

レーザー脱毛に比べて、照射回数が少なくて手間がかからないのですが、脱毛効果は弱くなります。詳しくご紹介します。

レーザーより照射範囲が広くて痛みも少ないのがメリット

光脱毛器は光を照射できる範囲が、レーザー脱毛器より広いです。レーザー脱毛器のトリアは照射範囲が約3平方cm(直径約2cm)ですが、光脱毛器のケノンは約7平方cm(3.5×2cm)です。

光を照射する回数が減るので、1回の脱毛にかかる時間が短縮できます。

出力(光の強さ)がレーザー脱毛器より低いため、痛みが少ないのもメリットです。少し熱さや痛みを感じる人もいますが、レーザーほどではありません。レーザー脱毛器を買ったものの痛くて続けられず、光脱毛器に乗り換える人もたくさんいます。

光脱毛器にはケノンのほか、センスエピG、ラヴィなどの種類があります。

レーザー脱毛器よりも効果を感じ始める時期は遅い

出力が低いと痛みは少なくなりますが、脱毛効果も弱まってしまいます。

脱毛の効果には個人差があるものの、ほとんど処理が必要ないレベルになるには、6カ月はかかります。ツルツルの状態になるには、光脱毛サロンでも1~2年はかかりますから、全く処理が必要ない状態になるには、1~2年かかると覚悟してください。

使う周期は、レーザー式と同じです。最初は2週間に1回くらいケアをして、毛が薄くなってきたら回数を減らしていきます。

効果を実感できるスピードはレーザー脱毛器よりも遅くなってしまうけど、痛みが少なくて、1回の脱毛が早く済むのが光脱毛器のメリットよ。

サーミコン式は脱毛じゃなく除毛!手軽さと仕上がりはピカイチ

「サーミコン式」は、熱線でムダ毛を焼き切る方法で、比較的新しい技術です。

熱線式脱毛器ともいいます。東証一部上場のヤーマンから発売されているノーノーヘアスマートプロ(28,381円)はサーミコン式です。

毛を焼いて切るので、脱毛というより「除毛」で、普通のシェーバーと同じような感覚で使えて手軽です。熱で毛を焼き切るとき、その熱が毛根にまで伝わって毛根にダメージを与えるので、毛が生え変わる周期を遅くする効果があります。

ノーノーヘアスマートプロの画像

熱線を使いますが、肌に直接熱線が触れるわけではないので、熱さを感じにくいのが人気の理由です。詳しくご説明しますね。

熱線で毛を焼き切るので、仕上がりがキレイですぐツル肌に

サーミコン式脱毛器で処理(2~3日に1回)を始めてから2カ月くらいで、細くなる毛があらわれます。除毛を続ければ、お手入れの回数が減っていきます。

カミソリやシェーバーだと、カミソリ負けで肌荒れする人もいますが、サーミコン式だと熱線は肌に直接触れないので、痛みも感じないし肌荒れも起きないのがメリットです。

仕上がりもキレイです。普通のシェーバーは毛をスパっと切るので、剃った後はチクチクします。毛の切断面の面積が広くなるので、毛が太く見えるのもデメリットです。でも、サーミコン式は焼き切るので毛の断面が広がることも、チクチクすることもありません。

また、細い毛の処理に向いているのも特徴です。レーザー式はメラニン色素が少ない細い毛には効果があまり出ませんが、サーミコン式なら細い毛もちゃんと処理できます。

毛根にも作用はするが脱毛効果は少ない

手軽にシェーバー感覚で使えるサーミコン式脱毛器ですが、レーザー式や光脱毛式に比べて、脱毛効果は弱いのがデメリットです。

毛を焼き切るときの熱が毛根にも伝わるのですが、直接毛根に働きかけるわけではないので、脱毛効果が出るのは、かなりゆっくりだと認識してください。

脱毛の効果がでるのがゆっくりすぎて、サーミコン式脱毛器のメリットがよくわからないわー!どういうとき、どういう人が使うのがいいのー?
すぐ除毛できるサーミコン式脱毛器は、急いでムダ毛を処理して、即ツルツルにしたい時に便利ね。レーザー脱毛器や光脱毛器と併用するのもおすすめよ。

毛周期に関係なくケアできるバルジ理論に注目が集まっている

最近注目が集まっているのが、バルジ式脱毛です。バルジとは毛の再生力の根源になる幹細胞(細胞をつくる細胞)で、「発毛因子」を作り出しています。この発毛因子がないと、毛は生まれてきません。

レーザー脱毛や光脱毛が毛根(毛乳頭)にダメージを与えるのに大して、バルジ式は発毛因子を作り出す幹細胞のバルジに光(熱)をあてて働かないようにして、毛の再生を止めてしまいます。

バルジ領域の解説画像

家庭用バルジ式脱毛器には、Need(192,240円)という商品があります。

 家庭用バルジ式脱毛器のNeed(ニード)の画像

弱い光で早く脱毛できると噂のバルジ方式

レーザー脱毛器や光脱毛器は毛根を狙いますが、バルジは毛根より皮膚の表面に近いところにあります。

そのため、バルジ式脱毛器は、レーザー式脱毛器や光脱毛器よりも弱い光で脱毛できるとされ、痛みも少ないです。具体的には、弱い光で、毛根ではなくバルジ領域を徐々に破壊します。

口コミや実績がほとんどないため、実際の効果が未知数

家庭用のバルジ式脱毛器Needはほとんど出回っていないため、実際の効果について知る術がありません。

医療脱毛クリニック用のバルジ式脱毛器としてはメディオスターNeXT PROという脱毛マシンが開発され、湘南美容外科などで利用されています。

メディオスターNeXT PROは「痛くないのにちゃんと脱毛できる」と人気を集めているのですが、Needについては口コミがありません。

Needの実際の効果については未知数です。

情報が少ない、高額、ほとんど出回ってないという理由で、Needにはチャレンジしにくいのが実際のところだわ。メーカーであるジェイクラフトのWEBサイトにも、Needの情報ってほとんど載っていないのよ。

高周波脱毛器は高性能の毛抜き?とにかく手間

続いてピンセット状の器具にムダ毛を挟んで脱毛する、高周波脱毛器を紹介します。エムジョイビューティーコンパクト(約10,000円)などの商品があります。

光脱毛器ケノンにも、まゆ毛専用の高周波脱毛器がセットでついてきます。

エムジョイビューティーコンパクトの画像

高周波脱毛器はピンセットで毛を挟み、高周波(電流)を流すことで熱を発生させ、毛根のまわりの組織を壊し、痛みや抵抗を少なくしてから毛を抜きます。

ムダ毛を器具でつかむ画像

痛みを抑えて脱毛できるのが大きなメリット

高周波脱毛器は、抜きたい毛を挟んでそこに電流を流します。

光を使わないので、まゆ毛など、目の近くの毛を処理するのにも使えます。

抜くときの痛みはほとんどなく、痛みがあったとしても、脱毛回数を重ねるごとに小さくなっていきます。ただし、膝などの皮膚が薄い部分などだと、強い痛みが出ることもあります。

レーザー・光脱毛器はメラニン色素に反応するため、日焼けした肌には使えませんでしたが、高周波脱毛器ならメラニンは関係ありませんので、使用可能です。メラニンが少ない細い毛や、色が薄い毛も処理できます。

1本1本挟んで抜くので時間がかかってしまう

高周波脱毛器のデメリットは、時間がかかりすぎることです。

電流を流す間は数十秒間毛を挟み続ける必要があるので、集中力が必要です。1本1本順番に毛をはさみ続けるので、細かい作業が苦にならない人でないと、おすすめできません。

皮膚科医によると、「毛が生えにくくなる効果がでるのもかなりゆっくり」とのことです。1回の脱毛にかかる時間も、効果が出るまでの期間も、かなりかかってしまうと思ってください。

高周波脱毛器って安いのはいいけどとにかく時間がかかって面倒ね。細かい作業が苦手な私には無理・・・!メリットも謎・・・!!
確かにかなりの根気が必要ね。でも、光ではなく電流を使うので、まゆ毛など目の近くの毛を処理するのには向いているわ。レーザー脱毛器や光脱毛器は強い光を使うので、目の周りに使うのは危険なのよ。

超音波脱毛器も1本1本毛を挟む手間がかかる

超音波脱毛器の仕組みは高周波脱毛器に似ていて、ピンセットで毛を挟んで、そこに超音波を流して毛を抜きます。

家庭用の超音波脱毛器としては、ホーマーイオン研究所が販売している「チャームエコー」があります。

ホーマーイオン研究所が販売している「チャームエコー」の画像

高周波脱毛器とは違って熱は発生せず、振動で毛根を刺激します。

肌に優しい!2回目以降はほぼ痛みなく脱毛できる

超音波脱毛器は、これまで紹介した脱毛器のように熱は使いません。振動だけなので、肌への刺激が少ないのが特徴です。肌の負担や、痛みが少ないのは安心ですよね。

長い毛だと振動が毛根まで伝わらないので、5ミリくらいの短い毛の状態で処理をします。

1回目は痛かったという口コミもあるのですが、2回目以降は毛も弱くなっているので、ほとんど痛みなく処理が可能です。

高周波脱毛器と同じく、光を使わないので、まゆ毛や口元など、顔に使うこともできます。

埋没毛(埋もれ毛)ができてしまう危険性もあり

超音波脱毛器の使用を続けていると、毛が細くなり、生えてくるスピードが遅くなりますが、効果を実感できるまでには、1~2年程度かかります。

埋没毛が大量にできてしまったという口コミもあるのも、心配な点です。

埋没毛はスクラブやピーリングローションでケアできますが、光脱毛器だと埋没毛にはならないので、その点でも光脱毛器に負けてしまっていますね。

埋没毛(埋もれ毛)とは

ムダ毛処理の際に毛穴が傷ついたため、新しい毛が皮膚の中で埋もれたまま成長してしまう状態。毛穴の中で埋もれた毛が渦巻いたり、黒いブツブツになってしまったりと、見た目も悪くなる。

チャームエコーは現在、製造メーカーサイトの製品紹介ページからは削除されているわ・・・!楽天やAmazonなどの通販サイトでも「売り切れ」ばかりで、購入するのは難しいわね。

予算・効果・痛み・仕上がりで脱毛器を種類ごとに比較!

脱毛器にはいろんな種類があって、それぞれにメリットとデメリットあることがわかりましたよね。

ここまで紹介した内容を、気になる項目ごとにまとめてみました。

家庭用脱毛器の特徴を総合比較
家庭用脱毛器
種類
脱毛期間 痛み 手間
レーザー
サーミコン
バルジ
高周波
超音波

個別機種についてはおすすめ家庭用脱毛器を比較!光脱毛器ケノンが高評価で比較しているので、こちらも参考にしてください。

けっこう違いがあるでしょう?自分が痛みに強いかとか、1回の脱毛に手間がかかってもいいかで選んでね。

家庭用脱毛器の種類と特徴を知ってから買おう!おすすめは光脱毛器

脱毛器の種類と、それぞれの仕組み、メリット・デメリットを紹介してきました。

痛みに弱い人はレーザー脱毛器は避けたり、細い毛もきっちり処理したい人はサーミコン式を使うなど、自分の好みに合わせて脱毛器を選びましょう。

レーザー脱毛器を試したものの、痛くてリタイアしてしまった経験から言えば、光脱毛器で処理しつつ、即座にツル肌にしたい日にはサーミコン式を使うのがおすすめです。

家庭用脱毛器はサロンよりは安上がりですが、商品によっては10万円近くします。決して安い買い物ではないので、安易に選ばず、しっかり比較検討してから決めてくださいね。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです