アナタに合うおすすめのムダ毛処理方法を教えます!費用や効果を解説

ムダ毛の処理方法には、毛抜きやカミソリといった昔からよく知られているものから、最近では脱毛石鹸や脱毛タオルといったものまでさまざまな方法まで多種多様です。

ムダ毛を根本的に生えてこなくするにはクリニックやサロンで脱毛するしかありませんが、脱毛に通えず自宅でムダ毛処理をする人にとっては心強い味方になってくれるアイテムがたくさんありますよ。

それぞれの処理方法にはメリット・デメリットがあり、ムダ毛処理する部位によってアイテムを使い分けるのがおすすめです。

定番ムダ毛処理方法の毛抜きをはじめ、最近ドラッグストアで見かける豆乳ローションや脱毛タオルに至るまで、メリット・デメリットや正しい使い方をしっかり紹介します。

毛根から毛を抜くなら毛抜きや脱毛タオル、糸脱毛を使おう

ムダ毛を毛根からキレイに抜くには、毛抜きや脱毛タオル、糸脱毛といった方法があります。毛を途中で切ったり剃ったりしないので、ムダ毛が濃くて剃り跡が気になるという人にはもってこいの方法ですね。

それぞれの方法のメリットやデメリットを紹介します。

毛抜きは手軽で安上がり!正しい使用法を知っておこう

昔からムダ毛処理で使われている毛抜き。化粧ポーチに必ず入れているという人も多いですよね。そんな身近な毛抜きには以下のようなメリットとデメリットがあります。

毛抜きのメリットとデメリット

メリット
  • どこでもムダ毛処理できて手軽
  • 安い(100円~)
デメリット
  • 埋没毛や毛嚢炎、色素沈着といった肌トラブルの恐れあり
  • 毛が太くなる

いずれの肌トラブルも、毛抜きを使う際に毛穴や皮膚に負担をかけ、傷つけてしまうことで引き起こされてしまいます。

肌トラブルなく毛抜きでムダ毛を処理するには、毛穴を開いてから正しく方法で使用することと、眉毛や指毛などの毛抜きに適している部位に使用することが重要です。

毛抜きの正しい使用方法や、毛抜きに適している部位については、「おすすめ毛抜きを徹底紹介!毛抜きは正しく使えば安上がり」で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。抜きやすいと評判の人気の毛抜きも紹介していますよ。

脱毛タオルなら背中のうぶ毛もツルツルに!使い方も簡単

繊維にムダ毛を絡ませて抜いたり切ったりする脱毛タオル。最近ドラッグストアで目にしたという人もいるのではないでしょうか。

脱毛タオルはうぶ毛だけでなく古い角質も取り除いてくれるので、肌がツルツルになるというメリットがあります。使い方も、ムダ毛の生えている部分を優しくこするだけで簡単です。テレビを見ながらでも手軽にムダ毛処理できる「除毛パフ」という商品もあるんですよ。

脱毛タオルのメリットとデメリット

メリット
  • 背中など自己処理しにくい部分も処理可能
  • 古い角質も取り除き、肌がツルツルになる
  • 使い方が簡単
  • 安い(800~2,800円程度)
デメリット
  • 太い毛には効果が薄い
  • 脱毛タオルで強くこすりすぎると、乾燥や肌荒れ、色素沈着の恐れもある

脱毛タオルは太い毛には効果が出にくいものの、背中などのうぶ毛には一度使ってみる価値ありです。

脱毛タオルは1回使っただけでは効果が分からなかったという人も多いですが、使い続けてきれいになったという人もたくさんいるんですよ。

脱毛タオルの口コミや、おすすめの脱毛タオルについては「脱毛タオルって背中のうぶげに効果あるの?おすすめ商品と選び方」で紹介していますので、ぜひ読んで脱毛タオルを試してみてくださいね。

糸脱毛で顔のうぶ毛を撃退!美容効果でお肌の悩みも解消

糸脱毛とは細い糸を顔の上で滑らせることで、うぶ毛を絡めて脱毛する方法です。カミソリやシェーバーのように刃を使わないので顔を傷つける心配がないうえ、毛根からうぶ毛を絡め抜くためツルスベ肌が長持ちするのも魅力です。

メリット
  • 顔を傷つける心配がない
  • 余分な角質を取り除き、さまざまな美容効果が得られる
  • 剃るより効果が長持ち(2~3週間)
デメリット
  • 痛みを伴う(個人差あり)
  • 太い毛には効果が薄い
  • 肌トラブルを抱えている人は施術できないことも

ただし、毛根からうぶ毛を抜くため、人によっては「チリチリとした痛み」があることも。とはいえ、糸脱毛は余分な角質を取り除くことができるため、こんなにたくさんの美容効果があるんです。

糸脱毛の美容効果

  • オイリー肌、ニキビ肌の改善
  • 乾燥肌の解消
  • ピーリング効果
  • 毛穴レス効果

うぶ毛をきれいに処理できるだけでなく、さまざまなお肌の悩みも解消できる糸脱毛は、家にある裁縫用の糸さえあれば自分で簡単にできますよ。

セルフ糸脱毛のやり方やコツ、注意点については「糸脱毛ならセルフ脱毛も可能!ムダ毛処理と驚きの美容効果も」で詳しく解説しています。ぜひ参考にして糸脱毛に挑戦してみてくださいね。

脱毛タオルとか糸脱毛って「脱毛」って言葉が使われてるけど、一度処理したら生えてこなくなるわけじゃないの?
ここでいう「脱毛」は単に毛穴から毛を抜くっていう意味の脱毛ね。脱毛タオルや糸脱毛での処理は、毛抜きと同様に時間が経てばまたムダ毛が生えてくるわ。
そっかぁ・・・。じゃあ繰り返しムダ毛処理は必要なんだね・・・。
そうね。ただ、剃ったり切ったりする処理よりかは、毛根から抜く処理の方が効果が長持ちするわよ。

脱毛剤や除毛剤でムダ毛処理するなら肌への負担も知っておこう

ドラッグストアや通販で購入できる脱毛剤や除毛剤。薬品を使って毛を抜いたり、溶かしたりしてムダ毛処理をするアイテムです。

効果 商品
脱毛剤 毛根から
ムダ毛を抜く
脱毛テープ
除毛剤 目に見える部分の
ムダ毛を溶かす
  • 除毛(脱毛)クリーム
  • 脱毛石鹸

脱毛剤や除毛剤も毛を抜いたり、溶かしたりするので、カミソリによる処理で気になる剃り跡や、すぐに伸びてくるチクチクムダ毛を解消したいという人にはおすすめです。

ただ、薬品を使っているので肌への負担は大きく、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性もあるんです。脱毛剤や除毛剤を使う前に知っておきたい、メリットやデメリットを紹介します。

脱毛テープなら効果長持ち!でも痛みと肌トラブルの恐れあり

脱毛テープは粘着シートでムダ毛を一気に引き抜くため、痛みだけでなく肌に大きな負担をかけてしまいます。

毛穴や皮膚の中で毛が成長してしまう埋没毛や、ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)という炎症をはじめ、敏感肌の場合はテープの粘着部分でかぶれてしまうことも。このような肌トラブルを防ぐためには、脱毛テープ使用前には毎回パッチテストを行う必要があります。

脱毛テープのメリットとデメリット

メリット
  • 毛根から抜くため効果が長持ちする
    (10日~2週間)
  • 短時間で広範囲の脱毛が可能
  • 安い(15~20枚入りで1,000円以下)
デメリット
  • 脱毛テープを剥がす際に強い痛みがある
  • 肌トラブルの恐れがある
    (埋没毛・毛嚢炎・色素沈着・かぶれなど)
  • 使用前には必ずパッチテストをする必要がある

デメリットばかり紹介しましたが、脱毛テープでムダ毛処理すればツルスベ肌が長続きするというメリットもあります。

カミソリでの処理だと、2~3日も経てばムダ毛がチクチクしてきますが、脱毛テープを使えば10日以上処理不要です。

脱毛テープも正しい方法で使えば、肌トラブルを予防してキレイにムダ毛とサヨナラすることができますよ。忙しくて、ムダ毛の自己処理の時間が取れなくなりそうなときにも強い味方になってくれます。

脱毛テープの正しい使い方や、効果が出やすいおすすめ部位については「脱毛テープならツルツル素肌を長く保てる!使用法と注意点」で詳しく紹介しています。アフターケアの方法や、キレイにムダ毛処理するコツも解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

除毛クリームは仕上がりキレイ!でも肌荒れしやすくコスト大

除毛クリームは目に見える部分の毛を溶かして処理するアイテムです。脱毛クリームとも呼ばれていますが毛を抜く「脱毛」ではなく、正しくは毛を取り除く「除毛」ができるものです。薬品で毛を溶かして処理するため剃り跡もなくツルツルに仕上がります。

除毛クリームのメリットとデメリット

メリット
  • 剃り跡なく、仕上がりがツルツル
  • ムダ毛が伸びてもチクチクしない
  • 効果が長持ちする(1週間~10日)
デメリット
  • 肌へのダメージが大きいい
  • 使用前には必ずパッチテストをする必要がある
  • コストがかかる

でも、毛を溶かすほど強力な薬品を使うため、肌への負担も大きくなります。

敏感肌用の除毛クリームの口コミを見ても、約半数の人がヒリヒリしたり、赤くかぶれてしまったようです。

除毛クリームを使う際には、脱毛テープと同様、使用前には毎回必ずパッチテストを行わなければなりません。

また、除毛クリームは200g(2か月分)で3,000~5,000円程度のものが多く、使い続けるとなるとコストが大きくなってしまいます。クリニックやサロンで脱毛できるなら、そちらの方がムダ毛が生えなくなりますし、長い目で見ればお得です。

それでも「剃り跡が気になる!」とか「海やプールに行く勝負前だけ完璧にツルツルにしたい!」という人は、「除毛クリームなら剃り跡なし!しかし肌荒れのデメリットも」で、除毛クリームの正しい使用方法や注意点、万一肌荒れしてしまった時の対処法まで紹介しています。

除毛クリーム使用前に読んで、安全にムダ毛処理してくださいね。

話題の脱毛石鹸では脱毛できない!除毛・抑毛効果も個人差がある

最近話題の脱毛石鹸。人気タレントやモデルが使用しているという情報を目にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。脱毛石鹸も、除毛クリームと同じで脱毛効果はなく、毛を溶かして処理する除毛剤の一種です。

さらに、脱毛石鹸には大豆エキスという女性ホルモンのような働きをする成分も含まれているため、抑毛(毛が生えるのを遅らせる)効果も期待できます。

脱毛石鹸のメリットとデメリット

メリット
  • 全身を洗うように使えばいいので簡単
  • 除毛だけでなく抑毛効果もある
  • 肌の引き締め効果も期待できる
デメリット
  • 除毛クリーム同様、肌へのダメージが大きい
  • 効果に個人差がある

使い方も、泡立てて全身を洗うように使えばいいので、除毛クリームより使いやすいのも魅力です。

ただし、口コミを見るとあまり除毛や抑毛の効果がなかったという人も多いので、確実に毛をなくしたい人にはサロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。

「ものは試し!」と使ってみたい人は、「脱毛石鹸で脱毛はできません!期待できるとすれば除毛・抑毛効果」で人気の脱毛石鹸を紹介していますよ。使ってみた人の口コミも併せて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

パッチテストってそんなに重要なの?初めて使うときに大丈夫ならもうやらなくても良いじゃない。
ダメダメ!お肌の状態って毎日変わるから、前は何事もなくても突然かぶれたりすることもあるのよ。安全にムダ毛処理するためにも、パッチテストは毎回必ずやってね。

抑毛剤や豆乳ローションで肌への負担なくムダ毛ケアしよう

毎日のムダ毛処理って、カミソリ負けやかぶれといった肌トラブルがつきものですよね。でも、抑毛剤や豆乳ローションを使えば、肌への負担なくムダ毛を薄くすることができるんです。

肌に優しい抑毛剤や豆乳ローションの効果やデメリットを紹介します。

抑毛剤ならデリケートな部位のムダ毛ケアも安全にできる

抑毛剤には大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。この成分が女性ホルモンと似た働きをして毛が生えるのを抑制するため、ムダ毛が生えにくくなるんです。

しかも、大豆イソフラボンには肌の弾力を保つコラーゲンを増やしたり、肌の生まれ変わりを促進するといった美肌効果も期待できます。

抑毛剤のメリットとデメリット

メリット
  • 肌への負担なくムダ毛ケアできる
  • 美肌効果も期待できる
  • 化粧水のように塗るだけなので簡単に使える
  • 肌に優しく全身どこでも使える
デメリット
  • 即効性はない
    (効果が出るまで、早くて1か月~遅くて半年かかる)
  • 効果に個人差あり
  • 意外とコストがかかる
    (1か月分3,000~5,000円)

一方、抑毛剤には即効性がなく、効果に個人差があるというデメリットも。ムダ毛が薄くなったと実感するまでに遅くて半年、中には使い続けても効果を実感できない人がいるほど個人差があります。

ただ、VIOラインや顔といった肌荒れしやすいデリケートな部位にも安心して使える点は、他のムダ毛処理方法にはない強みです。

化粧水のように塗るだけで簡単なので毎日のスキンケアに取り入れてみるのもオススメです。

抑毛剤がムダ毛に効くメカニズムや、効果を最大限に引き出す使い方のポイントについては「肌に優しい抑毛剤!クリームやローションでムダ毛を薄くする」で詳しく解説しています。抑毛剤の選び方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

手作り豆乳ローションで抑毛効果UP!市販の豆乳で簡単に作ろう

豆乳ローションは抑毛剤の一種で、肌に塗るだけでムダ毛が薄くなる効果や毛穴レスといった美肌効果が期待できます。

豆乳ローションのメリットとデメリット

メリット
  • 肌への負担なくムダ毛ケアできる
  • 美肌効果も期待できる
  • 化粧水のように塗るだけなので簡単に使える
  • 肌に優しく全身どこでも使える
  • 手作りすれば市販の抑毛剤より効果UP
デメリット
  • 即効性はない
    (効果が出るまで、早くて1か月~遅くて半年かかる)
  • 効果に個人差あり

効果が出るメカニズムや、即効性がなく効果に個人差があるといったデメリットは抑毛剤と変わりません。ただ、豆乳ローションを手作りすれば市販の抑毛剤よりも効果が出やすいといったメリットがあるんです。

手作りの場合、有効成分である大豆イソフラボンや大豆サポニンの濃度が濃くなるため、「塗ってすぐにムダ毛が生えてこなくなった」という人もいるほど。

豆乳ローションは、スーパーで売っている豆乳とレモンがあれば1時間ほどで簡単に作ることができますよ。豆乳ローションの作り方や、効果的な使い方については「豆乳ローションでムダ毛撃退!手作りすれば更に効果アップ」で紹介しています。

カミソリとか脱毛ワックスとか他のムダ毛処理方法って、何かしら肌トラブルが起きる可能性があったけど、抑毛剤と豆乳ローションは肌トラブルどころかお肌にいいなんて・・・!

肌が荒れやすいから嬉しいな。

そうね。ムダ毛処理で肌を痛めやすい敏感肌の人でも、安心して使えるのはありがたいわよね。
でも、効果には個人差があるって言ってたじゃない!使ってみなきゃ効くか効かないか分かんないなんて・・・!
確かに抑毛剤や豆乳ローションの効果には個人差があるし、使い続けなきゃいけないのもデメリットの一つね。

効果を引き出すためには、抑毛剤に頼りすぎずに、他のムダ毛処理と並行して毎日気長に使い続けるっていうのが一番のポイントなのよ。

他にもまだあるムダ毛処理方法!脱色クリームとヒートカッター

毛抜きなどの道具を使ってムダ毛を抜く方法、薬品を使ってムダ毛を取り除く方法、ローションでムダ毛を生えにくくする方法を紹介しましたが、ムダ毛処理の方法は他にもあります。

ここからはムダ毛の色を抜く脱色クリームと、ムダ毛を熱で切って処理するヒートカッターのメリットとデメリットを紹介します。

脱色クリームで低価格にムダ毛処理!処理が難しい背中もキレイに

脱色クリームは薬品でムダ毛の色を抜いて目立たなくするアイテムです。カミソリのように剃らないのでカミソリ負けせず、伸びかけのチクチクムダ毛にげんなりすることもありません。

脱色クリームのメリットとデメリット

メリット
  • カミソリ負けの心配はない
  • 処理したあともチクチクしない
  • 一度脱色した部分が黒色に戻ることはなく、効果が長続きする(長い人で1か月程度)
  • 安い(800円程度)
デメリット
  • かぶれなどの肌トラブルの恐れあり
  • ムダ毛が伸びてくると、伸びた部分が黒く目立つ
  • 毛を無くすわけではないため手触りが悪い
  • 脱色したムダ毛がキラキラ光って目立つ
  • 眉やビキニラインなど使用不可部位がある

ただ、薬品を使ってムダ毛を処理する以上、かぶれといった肌トラブルが起きる可能性があります。また、根本的に毛を無くすわけではないのでツルツルにはならず、光の当たり具合によっては脱色したムダ毛がキラキラ光って悪目立ちしてしまうことも。

さらに、最近は脱色クリームを使って眉毛脱色をするのが話題になっていますが、市販の脱色クリームは本来眉に使ってはいけません。

脱色クリームは身体用に作られているため、デリケートな顔に塗るには刺激が強く、かぶれてしまう可能性が高いんです。

でも、脱色クリームはドラッグストアで800円程度で手に入るので、ムダ毛処理にあまりお金を掛けることができない中・高校生にはおすすめです。また、中・高校生ではなくても、自分でムダ毛処理しにくい背中や指の毛の処理には脱色クリームの使用をおすすめします。

脱色クリームも、正しく使えばあなたのムダ毛処理の強い味方になってくれますよ。脱色クリームの正しい使用方法や注意点については「脱色クリームは低価格でムダ毛処理可能!正しい使用法を紹介」で詳しく解説しています。

ヒートカッターならデリケートゾーンのチクチクムダ毛を撃退できる

熱でムダ毛を焼き切るヒートカッター。カミソリやシェーバーで剃るのとは異なり、毛先を焼くため切り口が丸くなってチクチクしません。なので、チクチクや蒸れが気になるVラインやIラインのムダ毛処理におすすめです。

ヒートカッターのメリットとデメリット

メリット
  • 処理したあともチクチクしない
  • 生理時の蒸れやかゆみが軽減する
デメリット
  • ツルツルにはできない
  • 処理時に独特の臭いがする
  • 処理に時間がかかる
ヒートカッターのデメリットとしては、毛を切るための熱線が肌に触れないようにコーム(くし)型のガードがある構造になっていますが、やけどの危険性があるため、短くても1cmくらいの長さにするのが限界です。なのでツルツルにムダ毛処理することはできません。

また、毛を焼き切るときに独特の臭いがするのもデメリットの一つです。さらには、処理に時間がかかるというデメリットも。VラインとIラインの処理だけで1時間程度かかってしまうこともあります。

とはいえ、VラインやIラインの毛ってどう処理したらいいか悩みがちな部位ですよね。脱毛に行くのも恥ずかしいけど、カミソリで剃ってもすぐにチクチクして気になるという人も多いのでは。ヒートカッターなら、時間はかかるものの毛をつまんでコームでとかすようにして切っていくだけ。

簡単にチクチクムダ毛を軽減できるヒートカッターの正しい使い方や注意点、おすすめ商品については「V・Iラインのムダ毛処理はヒートカッター!正しい処理方法と注意点」で詳しく紹介していますよ。ぜひ読んで、デリケートゾーンのムダ毛の悩みを解消してくださいね。

確かにデリケートゾーンの毛って、チクチクしてるとショーツから飛び出ちゃうこともあるから困ってたんだ。

ヒートカッターいいかも!

デリケートゾーンは肌荒れしやすいから、除毛クリームなんかも使えないものね。脱毛に行くのが恥ずかしかったら、カミソリで自己処理するよりもおすすめよ。

ムダ毛処理方法を上手に使い分けてツルスベ肌を維持しよう

さまざまなムダ毛処理方法を紹介してきましたが、安全にキレイにムダ毛を無くすためには、どの処理方法においても正しい使用方法を守ることが大切です。いくらメーカーが安全を考慮してムダ毛処理アイテムを作っていても、自己流で使用すればかぶれたり肌トラブルが起きてしまいます。

また、自分に合ったムダ毛処理方法を確立するには、それぞれのアイテムのメリットとデメリットを知って、時と場合そして処理したい部位によって処理方法を使い分けることが重要です。

例えば普段はシェーバーで自己処理していても、急いでいるときや時間のないときにだけ脱毛テープに頼るとか、背中の毛だけ脱色クリームを使って目立たなくするというのも一つの手です。

ムダ毛を根本的になくしたいならクリニックやサロンの脱毛をおすすめしますが、脱毛する時間やお金がないという人は、紹介したムダ毛処理方法を組み合わせてツルスベ肌を維持してくださいね。

NEW ENTRY

糸脱毛ならセルフ脱毛も可能!ムダ毛処理と驚きの美容効果も

除毛クリームなら剃り跡なし!しかし肌荒れのデメリットも

肌に優しい抑毛剤!クリームやローションでムダ毛を薄くする

豆乳ローションでムダ毛撃退!手作りすれば更に効果アップ

脱毛タオルって背中の産毛に効果あるの?おすすめ商品と選び方

おすすめ毛抜きを徹底紹介!毛抜きは正しく使えば手軽で安上がり

12