すぐに活用したいムダ毛に関する豆知識!目指すはツルスベ肌

ツルスベ肌を目指す女性にとっての天敵、ムダ毛。

最近ムダ毛が濃くなってきたと感じたら、不規則な生活が原因でホルモンバランスが乱れているのかも。さらに太い硬い毛が増えて来たら、多毛症という病気の可能性もあるんですよ。

また間違った自己処理で黒いぶつぶつ(埋没毛)や赤いニキビのようなできもの(毛嚢炎)ができ、黒ずみ(色素沈着)として肌に残ることもあります。

また必死で自己処理をしても、男性からは「ムダ毛処理ができてないな・・・」なんて思われているかもしれません!

例えば、自分の指毛って気にしたことありますか?女性にとってはあまり気に留めない指毛だって、意外と男性に注目されているんです。

ここではムダ毛処理で起きる肌トラブルや、ムダ毛を薄くするための方法をはじめ、男性が注目するムダ毛の部位はどこか、友達にも聞きづらいムダ毛の悩みなど、すぐに活用したくなるムダ毛に関する豆知識を紹介していきます。

ムダ毛が濃くなった!?原因別の対策まとめ

「男性みたいな太いひげが突然生えてきた!」「ムダ毛が濃くなった!」と悩む女性も多いのでは。

生活環境や年齢によるホルモンバランスが変化する中で、ムダ毛が濃くなってしまうことがあります。

でも安心してください。生活改善などのちょっとした工夫で、濃くなってしまったムダ毛を薄くすることができますよ。

ムダ毛が濃くなるのはホルモンバランスが乱れているシグナル

ホルモンバランスの乱れとは、女性の体内で女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えてしまうことです。

不規則な食生活や睡眠不足、無理なダイエット、加齢になどよって女性ホルモンの分泌量が減ると、男性ホルモンの影響を強く受けてしまい、ムダ毛が濃くなってしまうんです。

毛が濃くなってきたら、ホルモンバランスが変化しているシグナルと捉えましょう。

また、あごや太もものように、普段薄くて柔らかい毛しか生えない場所に太く硬い毛が生えてきたら「多毛症」という病気の可能性もあり、その場合は治療が必要です。

毛が濃くならないために生活の中でできることを大公開!

ムダ毛が濃くなったときは、ホルモンバランスを整えるために、ちょっとした生活改善をしてみましょう。

ムダ毛を薄くする生活改善法の例

  • 食生活を見直す
  • ストレスを発散する
  • 睡眠の質を改善する
  • 適度な運動をする

食生活の見直しには、大豆食品やごま、かぼちゃやマグロの赤身など女性ホルモンを増やす食品を取り入れるのがおすすめです。

また食事を毎日なるべく同じ時間に食べ、栄養が偏らないようにし、過度なダイエットは避けましょう。

ストレスの発散やウォーキングなどの適度な運動、寝る前にテレビやスマホを消してストレッチを行うことなども効果的です。

ホルモンバランスが乱れる原因と、原因別の対処法は当サイトで詳しく紹介していきます。

多毛症ってどうしてなるの?
体質や生活も乱れが原因の人もいるけど、卵巣や副腎、甲状腺の疾患が隠れている場合もあるのよ。多毛症かもと思ったら病院でホルモン検査を受けるのをおすすめするわ。

自己処理で起こる肌トラブルと解消法

「脇毛を毛抜きで抜いてたらニキビみたいな赤いぶつぶつができた!」「足の黒いぶつぶつが増えた!」などの悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

これらは誤ったムダ毛の自己処理が原因です。正しい自己処理の仕方を知り活用することが、ツルスベ肌への第一歩です。

間違った自己処理で肌がボロボロに!

黒いぶつぶつの正体は「埋没毛」です。埋没毛は特に脇や足、ビキニラインに、カミソリや毛抜き、脱毛ワックス・テープを使った、誤ったムダ毛の自己処理によってできます。

埋没毛は放っておくと炎症を起こし、ニキビのようなできもの「毛嚢炎(もうのうえん)」や、炎症の跡が黒ずみとして残る「色素沈着」の原因にもなってしまいます。

埋没毛を解消するには、いくつか方法があります。

埋没毛の処理法

  • クリニックでのレーザー脱毛で毛根を破壊し、毛が生えないようにする
  • 美容皮膚科や自宅でピーリング剤を使い角質を溶かす
  • 自宅でボディスクラブを使い角質を取り除く

毛嚢炎は市販の薬や皮膚科での治療で治しましょう。色素沈着にはピーリングやボディスクラブで角質を除去したり、保湿して肌の新陳代謝を促すことなどが有効です。

埋没毛や毛嚢炎、色素沈着の原因と対策については、当サイトで今後詳しく紹介していきます。

自己処理の肌トラブルを予防する方法とは

自己処理の肌トラブルを予防するには、いくつかの方法があります。

肌トラブルの予防法

  • 脱毛サロンやクリニックで脱毛をする
  • 正しいシェービング法でムダ毛を処理する
  • 保湿を徹底し角質が溜まらないようにする

サロンやクリニックで脱毛をしてしまえば、自己処理の必要もなくなり、肌トラブルも当然起こらなくなるので最もおすすめの予防法です。

クリニックなら脱毛と一緒に毛嚢炎や色素沈着の治療だってできますよ。

サロンで脱毛する場合は、まず皮膚科で毛嚢炎と色素沈着を治しましょう。毛嚢炎や色素沈着がある場合、施術を断られたりその部分を避けて脱毛することになります。

自宅ケアで予防するなら、保湿を徹底して肌の再生を促したり、正しい方法でシェービングをしましょう。

できるだけ肌に負担をかけない自己処理の方法は、当サイトの記事で詳しく解説しています。

ピーリングを自宅でできるなら、わざわざ美容皮膚科に行く必要ないじゃない!お金かかるし行くのも面倒よ!
ピーリング剤が肌に合わなかったり濃度が濃すぎたりすると、肌荒れを起こしてしまうこともあるの。アレルギー体質や敏感肌の人など、少しでも不安がある場合は、美容皮膚科で適切な濃度や薬剤で施術してもらうことをおすすめするわ。

ムダ毛にまつわるちょっと気になる話まとめ

「脇毛やすね毛を処理した後のぶつぶつが気になる」「みんなどこまでムダ毛処理してるの?」など、ムダ毛への悩みは尽きませんよね。

あまり気にしていなかったムダ毛の部位も、男性から指摘されてショックを受けたなんてことも、よくあることなんです。

そんなみんなのムダ毛事情を、当サイトが行った調査結果を交えて紹介します。

みんなのムダ毛事情を大公開!脱毛行ってる?自己処理は?

特に夏になると、半そでやノースリーブ、水着を着るときなどムダ毛を気にする人も多いのでは。

当サイトの10~40代の女性を対象に行ったアンケートによると、ムダ毛を「気にしている・・・55.4%」「やや気にしている・・・38.3%」と、約9割の女性がムダ毛を気にしていました。

「今一番気になる部位」では「両脇(41%)」とダントツの1位、続いて「脚(20.3%)」「腕(12.4%)」「VIO(8.7%)」と続きました。

そんな中で脱毛サロンに通っている人はどれだけいるのか、気になりますよね。実際に当サイトでアンケート調査を行いました。

脱毛サロン・クリニックで脱毛経験の有無(当サイト調べ)

  • 脱毛サロンやクリニックに通っている(通っていた)・・・44.4%
  • 脱毛サロンもクリニックも通っていない・・・55.6%

脱毛をする人が増えているとはいえ、まだまだ半数以上の人が脱毛の経験はないとの結果が出ました。

脱毛する人・しない人それぞれの理由を、当サイトで行ったアンケートから一部紹介します。

脱毛した理由の詳細

  • 自己処理が難しいから
  • カミソリで剃ってもすぐに伸びてチクチクしたから
  • 自己処理後のぶつぶつが気になったから

脱毛しない(できない)理由の詳細

  • お金に余裕がない、高そう
  • 仕事や子育てで脱毛に行く時間がない
  • 肌が弱く肌荒れが心配

ムダ毛を気にしていて脱毛に興味はあるけど、お金がないという人もけっこう多いんです。

でも当サイトで実施したアンケートによると、5万円以下で人気のワキ脱毛が完了している人もたくさんいました。

5万円で「ムダ毛処理から解放されてとにかく楽!」、「いろんなおしゃれが楽しめるようになって楽しい」、そんな毎日を手に入れられるなら安いものだと思いませんか。

また肌への負担を極力減らすために様々な工夫をしていたり、お試しの照射ができるサロンやクリニックもあるんですよ。

みんなの脱毛や懐事情、脱毛してよかった!という感想を見れば、脱毛に踏み切れないあなたも、脱毛したくなるはずです。

えっそんなとこ見てるの!?男性が注目する意外なムダ毛部位とは

当サイトが10~40代男性を対象に行ったアンケートでは、女性の気になるムダ毛の部位はこのようになりました。

男性が気になる、女性のムダ毛部位

順位 気になる部位
1位 ワキ
2位 ひざ下
3位 二の腕
4位 ひじ下
5位 ひざ上

ワキやひざ下(すね)、ひじ下は気にして自己処理をしている女性も多いのではないでしょうか。でも男性目線では、なんとひじ下よりも二の腕の方が、気にしている割合が上回っているんです!

また「剃るのが難しいのは分かるけど・・・」と前置きがありつつも、気になると答えたのが多かったのが「首から背中・太ももの裏・肩」でした。

「えー!そんなとこ無理だよ!」という女性の悲鳴が聞こえてきそうですよね。

また女性が悩みがちな「VIO(デリケートゾーン)」や、盲点の「指毛」も多く指摘されていました。

そんな男性の生の声も当サイトで今後どしどし紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

ワキやすねだけでも大変なのに、指毛とかいちいち気にしてられないわよっ!
えっ僕はティーカップを持ったときに指毛が見えたら、そこで恋愛対象外だよ。
女性はさほど気にしていない部位のムダ毛でも、重要視する男性もいるのが現実なのよ・・・。だからこのサイトを参考にして、全方位ツルスベ肌美人を目指すのよ!

ムダ毛に関する豆知識を活用してツルスベ肌になろう!

ムダ毛が濃くなってきたら、まずは普段の生活を見直してみましょう。生活改善は毛が薄くなるだけでなく、健康や美容にも効果的なので、ぜひ当サイトの記事を活用してくださいね。

自己処理での肌トラブルは、ツルスベ肌を目指す女性にとっての天敵ですし、悩みの種です。

サロンやクリニックでの脱毛や、できるだけ肌に負担の少ない自己処理など、正しい対処法で肌トラブルを撃退しましょう。

みんなのムダ毛事情や、脱毛にかかった費用などの豆知識も紹介するので、ぜひ参考にしてください。また意外な男性目線や本音などを知って、全方位美人を目指しましょう!

当サイトのムダ毛に関する豆知識を、健康で美しい肌作りにぜひ活用してみてくださいね。

NEW ENTRY

ミュゼの脇とVラインの脱毛体験レポート!効果や痛み・方法などを調査

結婚式まで時間がない!ブライダル脱毛は 1ヶ月前でも間に合う

芸能人ご用達の脱毛サロン・クリニック公開!モデル級ツルスベ肌に

女性で太い毛が見つかったら多毛症かも!その原因と治療法

オス化を防げ!ホルモンバランスを整えて髭を薄くする方法

埋没毛(埋もれ毛)の原因と対策・予防法とは!黒いぶつぶつを撃退