どこで脱毛する?サロンを選ぶ前に知っておきたいこと

脱毛というと、電車内でよく広告を見かけるミュゼプラチナムや銀座カラー、キレイモなどの光脱毛サロンが有名ですよね。

ほかにも、ワックス脱毛サロンやニードル脱毛サロン、リゼクリニックや湘南美容外科などの医療レーザー脱毛クリニックなど、脱毛できるお店やクリニックはたくさんあります。

それぞれのサロンでの脱毛法の違いや、選ぶ時のコツ・注意点をご紹介します。

光脱毛とレーザー脱毛はどっちがいい?違いと注意点

「脱毛に通う」という場合、ほとんどの人はミュゼプラチナムや銀座カラーなどの光脱毛サロンに通います。湘南美容外科などで医療レーザー脱毛をする人もいますが、圧倒的に光脱毛サロンが人気です。

当サイトで実施したアンケートでも、光脱毛に通っている人はレーザー脱毛に通っている人の約6倍でした。

医療レーザー脱毛のほうが医療用のパワーが強いマシンを使うため、脱毛効果は高いです。それなのに光脱毛のほうが人気があるのはなぜでしょうか。医療レーザー脱毛と光脱毛それぞれのメリットとデメリット、違いを紹介します。

光脱毛と医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

光脱毛とレーザー脱毛は、どちらも毛のメラニン色素にレーザーや光をあてて脱毛しますので、仕組みは似ています。でも、光脱毛サロンと医療レーザー脱毛クリニックには、それぞれメリットとデメリットがあります。

効果やトラブル対応が優れているのはクリニックですが、光脱毛は痛みが少なく費用が安いというメリットがあります。

自分に合っているのはどちらか、見比べて検討してみましょう。

光脱毛サロンのメリット・デメリット
メリット
  • キャンペーンなどもやっており費用が安い
  • 痛みが少ない
  • 美肌効果も期待できる
  • 1回の施術時間が短い
  • 全国展開のサロンが多く、通いやすい
デメリット
  • レーザー脱毛より脱毛効果が低い
  • 脱毛完了までの期間が長くなりがち
  • 医師が常駐しておらず、トラブル対応が遅くなる
医療レーザー脱毛クリニックのメリット・デメリット
メリット
  • 光脱毛より脱毛効果が高い
  • 脱毛完了までの期間が短い
  • 医師が常駐しており、施術によるトラブルに迅速に対応可能
デメリット
  • ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーは痛みが強い
  • 1回の施術時間が長い
  • 全国展開のクリニックもあるが、拠点数が少ない

光脱毛の特徴については「光脱毛は医療レーザー脱毛とどう違うの?光脱毛ならではのメリット・効果」、医療レーザー脱毛の特徴については「医療レーザー脱毛のメリットは?気になる仕組みと料金・痛み・効果」で詳しく紹介しています。

光脱毛と医療レーザー脱毛の効果の違い

医療レーザー脱毛のほうが脱毛に使うマシンのパワーが強く、脱毛効果が高いことはお伝えしました。

さらに知っておきたいのは、いわゆる「永久脱毛」は光脱毛サロンでは認められておらず、クリニックでしかできないということです。光脱毛サロンでは、毛根を破壊するほど強い光を出すマシンを使うことを認められていないからです。

また、永久脱毛というのは「脱毛後の一定期間、一定量の毛が減った状態」を指し、「一生毛が生えてこない状態」という意味ではありません。

ただし光脱毛サロンでも、一度満足いく仕上がりまでなってしまえば、脱毛を終えた後に毛が再生することは稀です。

永久脱毛の定義と脱毛サロンに関するルール、実際の脱毛効果については「永久脱毛とは?永久脱毛=一生毛が生えてこないことじゃない」で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。光脱毛後に毛が再生する理由も紹介していますよ。

医療レーザー脱毛と光脱毛って同じようなものだと思っていたけれど、けっこう違いがあるのね。意外だった!
そうね。費用も痛みも全然違うのよ。最近はレーザー脱毛でも痛みを抑えたマシンが登場しているけど、主流のダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーはかなり痛いの。痛さのあまり、レーザー脱毛から光脱毛に変更する人もいるわ。

料金と時間のどちらを優先するかで違う光脱毛サロンの選び方

費用が安く、痛みも少なく、通いやすい光脱毛。人気があるのもうなずけます。人気があるためたくさんの光脱毛サロンが営業していて、どのサロンを選べばいいのか決めるのは難しいです。

脱毛サロンを選ぶためのポイントがいくつかあるので紹介します。

部位ごとの料金?予約のとりやすさ?脱毛サロンを選ぶコツ

光脱毛サロンを選ぶときにみなさんが気になるのは、まず安さ(料金)と脱毛完了までの期間ではないでしょうか。安さ、脱毛完了までの期間それぞれを重視する場合に確認すべきポイントは次のとおりです。

「安さ」「期間」を重視する場合のポイント
重視する点 チェックすべきポイント
安さ
  • キャンペーンの有無
  • 部位別の脱毛料金
脱毛完了までに
かかる期間
  • 頻繁に通えるか
  • 予約のとりやすさ

安さを重視する場合は、キャンペーンの有無や部位別の脱毛料金をチェックしましょう。

部位によって安いサロンが違いますから、光脱毛の料金を比べるときは、脱毛したい部位ごとに比べましょう。

ワキが安いサロン、全身脱毛が安いサロンなどさまざまです。いくつかの部位を脱毛したい場合、部位ごとに通うサロンを変えるのもいいですね。

光脱毛で脱毛完了までにかかる回数は12~24回程度なので、予約が4カ月に1回しかとれないなら最短でも4年かかってしまいます。期間を重視するなら、頻繁に通えるサロンを選ぶのが鉄則ですよ。

サロンの選び方については「脱毛サロンの選び方と注意点!安さだけで選ぶと後悔する」、特に全身脱毛サロンを探す時に注意すべき点は「全身脱毛とは?全身脱毛効果を早く出すサロンの選び方と料金」で解説しています。

クリニックでの医療レーザー脱毛を検討している人は「ここがおすすめ!医療レーザー脱毛クリニックの選び方」をぜひご覧くださいね。

学生さんなら学割が使えるサロンやクリニックもありますから、「学割でお得に脱毛!高校生や大学生におすすめ脱毛サロンとクリニック」を参考にしてください。

3歳からできるキッズ脱毛については「子供でも安心して脱毛できるサロンは?キッズ脱毛の費用と注意点」で紹介しています。

勧誘がない光脱毛サロンを選びたい!サロンでの勧誘の実態とは

もうひとつ、光脱毛サロンを選ぶときに心配になるのは勧誘ではないでしょうか。特にキャンペーンを利用して通いたい人は「実際のコースを無理に契約させられるのでは」と不安に思っているかもしれません。

実は光脱毛サロンではしつこい勧誘はほとんどありません。

当サイトが脱毛サロンに通っている人を対象に行ったアンケートでも、しつこい勧誘を受けたのはたったの2%という結果が出ました。勧誘に負けて契約をしてしまった場合も、クーリング・オフ制度を使えば契約は解除できます。

アンケートでわかった勧誘の実態や、勧誘なし宣言をしているサロン、勧誘の断り方、クーリング・オフの方法については「勧誘なしを宣言している脱毛サロンと勧誘の断り方」で紹介しています。勧誘が心配な方はぜひご覧ください。きっと安心できるはずです。

脱毛の効果を出したい時期が決まっている人が、安さを重視してサロンを選んだらどうなるかしら。予約がなかなかとれなくて、目的の時期までに効果が出ないという結果が目に浮かぶわ。サロンは費用だけで選んじゃいけないのよ。しっかり記事を読んで選び方のコツを覚えてね。

ニードル脱毛はクリニックでやるべき!肌の色が濃くてもOK

ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれます。光脱毛やレーザー脱毛が主流になる前は、「脱毛といえばニードル」でした。

ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電気を流して脱毛するので1本1本確実に脱毛でき、毛根を完全に破壊するので永久脱毛が可能です。

ニードル脱毛はクリニックでもサロンでもできますが、絶縁針という特殊な針を使って行うのは絶縁針脱毛といい、クリニックにしか認められていません。絶縁針は火傷のリスクや痛みを軽減できるよう加工された針です。

サロンでのニードル脱毛は美容電気脱毛とか美容針脱毛と呼ばれ、クリニックとは区別されています。

どの部位でも脱毛できる!ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは、レーザー脱毛や光脱毛では処理できない、色素が濃い皮膚の上に生えている毛を処理できるということです。乳輪上の毛や日焼けした肌、タトゥーを入れている部分でも施術できます。

電流を流して脱毛する仕組みで、レーザー脱毛や光脱毛のような強い光を使わないので、眉毛など目の近くも施術可能。眉毛の形を整えたい場合にもぴったりです。

サロンで脊髄損傷!?ニードル脱毛のデメリットと注意点

全身どこでも確実に脱毛できるニードル脱毛ですが、実はデメリットもたくさんあります。デメリットがあるから、光脱毛やレーザー脱毛に取って代わられたともいえます。

ニードル脱毛のデメリット
  • 1本ずつ処理するので時間がかかる
  • 本数制(1本100~200円など)や時間制(1時間20,000円など)の料金体系が一般的で、毛量が多いほど費用が高くなる
  • 脱毛前は毛を伸ばしておかないといけない
  • 毛穴に針を刺すので痛みがあり、施術後に赤みや腫れが出る

また、衛生管理がずさんなサロンが施術すると、針と血液を介した感染症にかかる可能性もあります。

ニードル脱毛サロンでのトラブルとして神経や脊髄の損傷も報告されています。

ニードル脱毛の仕組みや詳しい費用、脱毛にかかる時間や回数については「肌の色が濃くてもニードル脱毛なら脱毛可!費用と痛みを紹介」を参考にしてください。

全身どこでも脱毛できるのはいいけれど、高くて痛くて施術前に毛をボーボーにしておかきゃいけないのは困る!
そうよね。メインは光脱毛やレーザー脱毛にして、脱毛できない部位だけニードル脱毛にするのがおすすめよ。その場合はサロンではなくて、日本医学脱毛学会の認定脱毛士がいるクリニックに通ってね。

ワックス脱毛サロンを選ぶ時の注意点

ワックス脱毛は、毛にワックスを塗って、それを一気に引きはがすことで毛を抜くムダ毛処理法です。

1回の施術でツルツルになり、Vラインなら1回5,000~10,000円くらいと料金も手ごろなので人気があるのですが、毛抜きで毛を抜いているのと変わらないので毛はまた生えてきます。

光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛は長期的に通って、ムダ毛処理の必要がないツルツル肌を目指すものなので、それとはかなり違いますね。

即効ツルスベ肌になれるワックス脱毛のデメリットと、サロンを選ぶときのポイントをご紹介します。

深刻なトラブルも多い!ワックス脱毛のデメリット

1回の脱毛でツルツルになれるワックス脱毛ですが、こんなデメリットがあります。

ワックス脱毛のデメリット
  • 脱毛した後、10日~2週間くらいでまた毛が生えてくる
  • 肌への負担が大きい
  • ワックスをはがす時に皮膚もはがれたり、内出血が起きる危険性がある
  • ワックスにかぶれることがある
  • 熱すぎるワックスで火傷することがある

ワックス脱毛は、イベントの直前などで急いでムダ毛を処理したいときにはおすすめ。しかし肌への負担が大きいので、急いで処理する必要がないのなら頻繁に利用することは避けたい脱毛法です。

ワックス脱毛サロン選びの注意点とトラブル対処法

ワックス脱毛サロンを利用する場合は、お店の清潔感やワックスに関する知識が豊富かどうかをチェックする必要があります。こんなサロンを選んでください。

ワックス脱毛サロンを選ぶ時のポイント
  • 部位によってワックスを使い分け、その理由をきちんと説明してくれるサロン
  • 脱毛後のケアについての説明が充実しているサロン

また、トラブルが起こりやすい脱毛法であることを理解し、施術前にサロンから署名を求められる「同意書」の内容もしっかりチェックしておく必要があります。

同意書のチェック方法も含めたサロンの選び方、実際にあったワックス脱毛サロンでのトラブル事例、トラブルが起きた時にとるべき行動などは「即効スッキリのワックス脱毛!サロンの選び方とトラブル事例」で解説しています。サロンでのワックス脱毛を考えているなら、ぜひご覧ください。

ワックス脱毛はサロンでもセルフでもトラブルが起こりやすいわ。トラブルが起きてしまった時の対処法も知っておくと安心よ。

脱毛の種類とサロンの特徴を知ってから脱毛を始めよう

ひとくちに「脱毛に通う」といっても、脱毛には光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛などいろんな種類があります。

それぞれの脱毛法の仕組みやメリット、デメリットを知ることで、自分の状況に合った脱毛サロンやクリニックに通うことができます。

費用や痛みの面でメリットが大きく人気の光脱毛は、サロンが多いので選ぶのが特に大変です。安さだけではなくて脱毛完了までにかかる期間も考慮したうえで選ぶのが大切です。

当サイトの記事が、みなさんが満足いく脱毛サロン、クリニックを選ぶ助けになれば嬉しいです。

NEW ENTRY

ノーイメージ

脱毛の契約はクーリングオフで解約可能!適用条件や書き方・手順

勧誘なしを宣言している脱毛サロンと勧誘の断り方

光脱毛は医療レーザー脱毛とどう違うの?光脱毛ならではのメリット・効果

全身脱毛の回数無制限コースを比較!おすすめのプランも紹介

学割でお得に脱毛!高校生や大学生におすすめ脱毛サロンとクリニック

ここがおすすめ!医療レーザー脱毛クリニックの選び方

123