VIOを脱毛するのには理由がある!はみ毛・蒸れ・においを撃退

VIOのかゆみや蒸れ、不快なにおいに悩まされている女性も多いのではないでしょうか。

さらに見た目でも「下着や水着からはみ出るはみ毛が気になる!」「温泉でもっさり生えているのを見られるのが憂鬱」など悩んでしまうと、せっかくの旅行やデートも楽しめませんよね。

シェーバーやハサミで処理して下着や水着の隙間から飛び出したり、チクチクしてかゆくなったりと、せっかく処理しても残念な結果に終わることも。

でもクリニックやサロンで脱毛をしてしまえば、そんなかゆみ・蒸れ・不快なにおい・はみ毛とサヨナラできるんです!

VIOは次の3つに分かれます。

  • ショーツの上や両サイドであるVライン
  • 脚の付け根であるIライン
  • お尻の穴の周りであるOライン

今回はそれぞれの肌の特徴と、部位に合った脱毛法をご紹介します。

Vラインは痛みが少ないサロンでの脱毛がおすすめ!

Vラインとはショーツをはいたときの、ショーツの上や両サイドの毛がはみ出る部分を指します。

Vラインは皮ふが薄いうえ、太い毛と細い毛の両方が生えてくるため、全身の中でもムダ毛処理が大変な部位です。

そのため間違った自己処理やクリニック・サロン選びをしてしまうと、炎症が起きたり通い続けるのが苦痛になってしまうことも。

それではどのような方法でVラインのムダ毛処理をすればいいのか、見ていきましょう。

Vラインに自己処理はNG!皮膚が薄く炎症が起きやすい

Vラインはショーツの上や両サイドを指します(クリニックやサロンによって異なる場合があります)。

Vラインサイドと

しかしカミソリや電気シェーバー、ハサミなどは「剃る」「切る」処理のためすぐに毛が伸びてくるうえ、少し生えてくるとショーツの繊維の間から飛び出てしまうことも。

またVラインは皮膚が薄く雑菌が繁殖しやすいため、毛抜きで抜いてしまうと様々な肌トラブルを起こします。

毛抜きで起こる肌トラブル
  • 毛嚢炎(もうのうえん)・・・炎症を起こし膿が溜まってできる、ニキビのような赤いぶつぶつ
  • 埋没毛(埋もれ毛)・・・毛が皮膚の下で成長してしまう黒いぶつぶつ

家庭用脱毛器は自宅で気軽に脱毛ができますが、肌トラブルが起きてもすべて自己責任です。黒ずみや日焼けに反応してやけどしてしまうこともあるため、注意が必要です。

Vラインのムダ毛処理ならサロンでの光脱毛がおすすめ

脱毛にはクリニックでの医療レーザー脱毛と、サロンでの光脱毛があり、費用や通う回数が異なります。

脱毛方法 メリット デメリット
クリニック ・1回の効果が大きい
・短期間(10ヶ月~27ヶ月)で脱毛が完了する
・通う回数は5回~9回だけ
・医療機関なので肌トラブルにすぐ対応してもらえる
・痛みが強い
・皮ふの炎症が起こりやすい
・効果が強いので一気にツルツルになる可能性がある
サロン ・痛みが弱い
・徐々に薄くできる
・キャンペーンが豊富なので安く脱毛可能
・1回の効果が薄く、ツルツルにするには18~27回程度必要
・脱毛完了まで長くかかる(1年半~3年程度)
・皮ふの炎症が起きたら別途医療機関の診察が必要

クリニックの場合は5回で3万円前後、サロンの場合は12回で約4万円前後が多いです。

時間やお金がかかってでも、痛みが少なく美肌効果を得たいという人には、脱毛サロンの光脱毛がおすすめです。

Vラインの家庭用脱毛器・サロン・クリニックの費用・回数・メリット・デメリットは「Vラインのムダ毛処理は脱毛がおすすめ!その費用と方法」で詳しく比較しています。

うーん、痛いのは嫌だわ。
クリニックによっては麻酔が使えるわ。レジーナクリニックのように脱毛料金に麻酔費用も含まれているところがオススメよ。
サロンはどうなのよ。
サロンも痛みはあるけれど「チクッとする程度」「回数を重ねると痛みは軽減される」という声が多いわ。事前のカウンセリングで相談してみてちょうだい。
王子はどう思うかしら。メンズの意見も聞きたいわ!
女性のアンダーヘアについての男性の意見は「ハイジニーナ(VIO脱毛)に対する彼氏の反応は?メンズの本音調査」で詳しく紹介しているよ!

Iラインは超デリケート!肌に優しいエステの光脱毛がおすすめ

Iラインとは足を開いたときの、足の付け根に沿った粘膜部分と肌の境目の部分です。見づらくデリケートな部分なので、自己処理が難しいですよね。

でもIラインのムダ毛は雑菌が繁殖しやすいためできものができやすく、生理中はムレやかゆみの原因となってしまうんです。

下着や水着からはみ出たりと見た目も悪いので、サロンで脱毛するのがおすすめです。

Iラインのムダ毛をカットしても不快感は解決できない

Iラインは脚の付け根に沿った部分を指します。

Iラインの解説イラスト

Iラインは直接見えない部位なので、鏡越しに見ながら処理をしなくてはならないうえ、VIOで皮ふが薄く肌トラブルが起きやすいので、自宅での自己処理はおすすめできません。

主なIラインの自己処理とデメリット
  • 剃る・切る・・・肌や粘膜を傷つけると、雑菌が入ってできものができる。チクチクする。
  • 抜く・・・毛根からの出血や炎症や化膿を起こしやすくなる。
  • 家庭用脱毛器・・・ほとんどのものは、Iラインには使えないか、使えても推奨はしていない。

毛の長さをそろえるだけなら、ヒートカッターで切るのがおすすめですが、長さを短くするだけでは毛の密度は変わらないので、できものや生理中の不快感は解決できません。

光脱毛でIラインの毛を減らすのがベスト

蒸れやかゆみ、においを防ぐためには、クリニックでのレーザー脱毛かサロンでの光脱毛で、毛の本数を減らしたり毛をなくしてしまうのがおすすめです。

クリニックとサロンでIライン脱毛をした場合のメリット・デメリットをまとめました。

クリニックとサロンのIライン脱毛比較
比較内容 クリニックの医療レーザー 脱毛サロンの光脱毛
産毛程度になる
までの回数
約5~6回
(約10ヶ月~1年半)
約12回
(約1年~3年)
料金の目安 3万円前後 4万円前後
肌への負担 多くの人に炎症や
むくみが起きる
痛みや刺激は少ない
痛みの程度 焼けた針で刺された
ような痛み
輪ゴムで軽く弾いた程度
肌トラブル
への対応
すぐに医療スタッフ
が処置
別途皮膚科での処置

産毛程度にまでの毛量にするために、通う期間や回数は脱毛サロンの方が倍かかります。

しかしIラインは特に痛みに敏感な部位なので、クリニックの医療レーザーは威力が強い分痛みも強いうえ、副作用で炎症が起こる可能性も高くなります。

そのためIラインを脱毛するなら、時間がかかっても、なるべく痛みや副作用が起こることの少ないサロンの光脱毛がおすすめです。

Iライン脱毛をするメリットやクリニックとサロンの詳しい比較、脱毛前の事前処理方法は「Iライン(アイライン)のムダ毛処理はサロンでの脱毛がおすすめ!」で詳しく紹介しています。

私は安く済ませたいから、クリニックが魅力的だわ~!
クリニックの医療レーザーでIライン脱毛をする場合、途中で断念する人もいるほど、かなり痛みが強いわよ。その痛みを抑えるために、1回2000円程度の麻酔料がかかる場合もあるの。だから最終的にかかる費用はあまり変わらないこともあるから、価格で決めるのはおすすめできないわ。

Oラインは粘膜が近い!医師のいるクリニックでの脱毛がおすすめ

Oラインはお尻の穴の周りの部分を指し、ヒップ奥とも呼ばれています。

「そんなとこにも毛が生えてるの!?」と思う人もいるかもしれませんが、実際に鏡で見てその毛量にショックを受ける人もいるほど。生理中の蒸れやにおいの原因にもなるんですよ。

自分でなかなか意識しづらい部位だからこそ、知らないうちにTバックの水着や下着からはみ出たりしたらショックですよね。

そんなOラインは粘膜に近く自分で見えない部位のため、ムダ毛処理には医師のいるクリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。Oライン脱毛のメリットとクリニックがおすすめの理由を詳しく見ていきましょう。

Oラインの自己処理は危険!炎症や色素沈着の危険性大

Oラインはお尻の穴の周りで、皮膚が薄く凹凸があり粘膜も近い部位です。自分で直接見えないですし、自己処理によって炎症を起こしたりや黒ずみになってしまうことも。

家庭用脱毛器も粘膜が近いため危険なので、ほとんどの商品がOラインに使えないか、使えても推奨はしていません。無理な自己処理は避けましょう。

Oライン脱毛は痔の治療を終えてからクリニックで受けよう

痔と聞くと中高年の方がなるイメージが強いかもしれません。しかし便秘のリスクが高いなど様々な原因が重なり、20代でも痔になる女性が増えているんです。

脱毛によって痔の悪化は起こりませんが、脱毛のときの熱で痛みを感じることもあるので、脱毛前に痔を肛門科で治療しておくことをおすすめします。

脱毛サロンでもOラインは取り扱っていますが、医療スタッフがいないため、肌トラブルが起こった場合は皮膚科に行くことになります。

一方でクリニックならすぐに医師に処置をしてもらえるので、安心して通うことができます。粘膜が近い部位のため、安全性を考えるとクリニックでの脱毛がおすすめです。

クリニックのレーザー脱毛なら、Oラインは6回程(約1年~1年半)でツルツルになり、効果は半永久的に持続します。5~6回のコースで、3万円前後で受けることができますよ。

Oライン脱毛のサロンとクリニックの詳しい比較や自己処理の危険性は「Oラインのムダ毛はクリニックでのレーザー脱毛がおすすめ!」で詳しく解説しています。

え~でもクリニックのレーザー脱毛って痛いんじゃないの~?
Oラインは「ゴムで弾かれるような痛み」や「ぴりっとする痛み」と表現されている程度で、たいていの人は我慢できる痛みよ。1回10分間程度で終了するし麻酔もできるから、痛みに弱い人も安心して受けられるわよ。心配なら無料のテスト照射で威力を調節してもらうといいわ。

VIOの脱毛は衛生的で見栄えもよくおすすめ!

VIOの脱毛について、部位別におすすめの脱毛方法を解説しましたがいかがでしたか。

VIOと一口に言っても、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで、痛みの感じ方や皮膚の特徴が異なるため、部位に合った脱毛方法を選ぶのがおすすめです。

VラインとIラインはサロン、Oラインはクリニックでの脱毛がおすすめと紹介しましたが、サロンやクリニックには様々な組み合わせのプランが用意されているので、うまく活用してお得に脱毛しましょう。

随時キャンペーンも行われているので、こまめにホームページなどをチェックしてみてくださいね。

当サイトの記事「【VIOをお得に脱毛したい人必見】料金が安いクリニック・サロン!」では、V・I・Oラインをお得に脱毛できるプランを設けているサロンやクリニックを紹介しています。

またVIO脱毛の体験談を知りたい人は、「VIO脱毛で後悔しないために!形・痛み・回数などの体験談・口コミ」をご覧ください。

NEW ENTRY

ノーイメージ

ハイジニーナ(VIO脱毛)に対する彼氏の反応は?メンズの本音調査

ノーイメージ

VIO脱毛で後悔しないために!形・痛み・回数などの体験談・口コミ

ノーイメージ

ハイジニーナ脱毛の口コミ・体験談!後悔やメリット、脱毛回数、金額

Vラインのムダ毛処理は脱毛がおすすめ!その費用と方法

Iライン(アイライン)のムダ毛処理はサロンでの脱毛がおすすめ!

【VIOをお得に脱毛したい人必見】料金が安いクリニック・サロン!

12