アンダーヘアの自己処理はヒートカッター!正しい処理方法と注意点

アンダーヘアの自己処理はヒートカッター!正しい処理方法と注意点

チクチクや蒸れの原因になるアンダーヘアを処理したいけれど、部位が部位だけに脱毛サロンに行くのはどうしても恥ずかしいという人も多いですよね。

でもデリケートな部分をカミソリで処理するのは怖いし、はさみで処理すると毛先がとがってショーツや水着からチクチク飛び出してしまいます。

「どう処理すればいいの?」と悩んでいる人におすすめなのがヒートカッター。ヒートカッターは熱で毛を焼き切るので、毛先がチクチクしにくく、VラインやIラインの処理にぴったりです。

ヒートカッターの仕組みや、使い方、おすすめのヒートカッターをご紹介します。

ヒートカッターとは?チクチクしないのが最大のメリット

ヒートカッターは、熱で毛を焼き切るタイプのムダ毛処理アイテムです。特にVラインやIラインの処理にもってこいで便利だと人気があります。

ヒートカッターの仕組みとデリケートゾーンの処理に向いている理由、知っておきたいデメリットを紹介します。

熱で毛を切る!?ヒートカッターの仕組みとは

熱でムダ毛を焼き切ると聞いてびっくりした人もいるかもしれませんね。でも熱で毛を焼き切るのは目新しいアイデアではありません。

ずっと前から、お線香で毛を切って処理している人もいるんです。

さすがにお線香を使うのは火傷の危険性が高くて危ないですが、ヒートカッターなら安全に毛を焼き切ることができます。

ヒートカッターは毛を焼き切るための熱線が肌に触れないようコーム(くし)がガードしてくれるつくりになっていて、火傷を防ぎます。

KDIOSヒートカッター仕様

アンダーヘア処理後もチクチクしにくい!ヒートカッターのメリット

はさみやカミソリでムダ毛を処理すると、毛先が鋭くなってチクチクします。

VラインやIラインのように太くてしっかりした毛が多い部位だと、肌に触れるたびに煩わしいですし、ショーツから突き出して恥ずかしい思いをすることがあります。

しかしヒートカッターは毛を焼き切るので、毛先が丸くなります。チクチク感が少なくなり、毛がショーツを突き抜けにくくなるのがメリットです。

ヒートカットで毛をカットした際の断面

使い方は後から解説しますが、毛をつまみながらコームでとかすようにして毛を切っていくので、簡単に処理ができます。カミソリを使うときのようにローションなどは必要ありません。

ツルツルにはできず処理中は臭い!ヒートカッターのデメリット

ヒートカッターを使うときに知っておいてほしいのは、ツルツルにはできないということです。

ヒートカッターを肌に近づけすぎると、コームでガードしているとはいえ火傷の危険性があるので、1センチくらいの長さにするのが限界です。

また、毛を焼くと独特の臭いがします。気分が悪くなる人もいるので、換気しながら処理を行いましょう。

さらに、少しずつコームに毛を通しながら処理をしていくので、毛量にもよりますがVラインとIラインの処理に1時間程度かかってしまうこともあります。

ヒートカッターのデメリット

  • ツルツルにはできない
  • 臭い
  • 処理に時間がかかる
ヒートカッターで頑張って限界まで処理しても、1センチくらいは毛が残ってしまうのね・・・
ヒートカッターは毛を短くして整えるためのアイテムで、肌の表面に出ている毛をなくしてしまうものではないのよ。ツルツル状態にしたいなら、脱毛に通わなくちゃ。VIO脱毛については「VIOを脱毛するのには理由がある!はみ毛・蒸れ・においを撃退」を見てちょうだい。

ヒートカッターでの正しい自己処理方法と絶対守りたい注意点

ヒートカッターがVライン、Iラインのムダ毛処理にぴったりだということがわかりましたね。続いて、ヒートカッターでのムダ毛処理方法と、火傷や故障を防ぐために守りたい注意点を紹介します。

ヒートカッターでのムダ毛処理3ステップ

ヒートカッターでムダ毛を処理するときには、次の手順で行います。処理前には、ショーツや水着を履いてみてはみ出す部分を確認して、どれくらいの長さまで切ればいいか確認しておきましょう。

(1)長さをどれくらいにするか決める
(2)ヒートカッターのコームに少しずつムダ毛を通して切っていく
(3)ちゃんと切れているか、長さは適切か確認する

さきほども紹介したように、ヒートカッターでの処理にはけっこう時間がかかるので、椅子などに座って行うのがいいでしょう。

自分では見えにくく処理が難しいIラインの処理については、床に鏡を置いて、その上にしゃがんで鏡を確認しながら処理するのがおすすめです。

ヒートカッターを使うときにやってはいけない3つのこと

ヒートカッターを使うときの主な注意点は3つです。

  • 毛が濡れている状態で処理しない
  • 湿気が多いところで使わない
  • ヒートカッターを肌に近づけすぎない

毛を濡らしてヒートカッターを当てると切りにくいですし、湿気が故障の原因になってしまいます。同じ理由で、湯気が充満している入浴中の浴室で使うのもNGです。感電する危険性もあります。

毛を短くしようと、ヒートカッターの熱線部分を肌に近づけすぎるのも禁止です。コームがあるとはいえ、近すぎると火傷する危険性があるからです。

何度も言うように近づけるのは1センチくらいまでが限界です。

しかし、それより遠くても熱さを感じたらすぐに肌から離しましょう。

もちろん、使う前には取扱説明書をよく読んでね。代表的な注意点は紹介したけど、ヒートカッターによって多少違うわ。連続して使っていい時間など、メーカーの指示に従ってちょうだい。

ドンキにも売ってる!おすすめヒートカッターが買える場所

ヒートカッターは電気屋さん、ドラッグストア、ドン・キホーテ、通販などで購入可能です。

電気屋さんやドン・キホーテでは美容機器コーナー、ドラッグストアでは除毛クリームや脱毛テープなどのムダ毛処理アイテムコーナーに置いてあります。

すみっこのほうにこじんまり置いていることが多いので、注意深く探してみてください。

レジで会計するのが恥ずかしいという人は通販で買いましょう。通販で人気のヒートカッターを紹介します。

ヒートカッター界ではRavia(ラヴィア)とシルキーケアが人気

人気があるヒートカッターはKOEI(興栄興業株式会社)のRavia(ラヴィア、2,000~3,000円程度)です。

KOEIは昭和28年創業のメーカーなので、信頼できますね。デリケートゾーンに使うし、使い方によっては火傷の危険性もあるので、有名どころを使っておきたいものです。

シルキーケアという商品はRaviaと同じ構造で、こちらも人気があります。どちらも、楽天市場やAmazonで購入することができます。

ヒータカッターと一緒に使いたいアンダーヘア用トリートメント

デリケートゾーンの毛って、他の毛にくらべてごわごわして硬いですよね。そんな毛を柔らかくふんわりさせてくれるトリートメントが販売されているので、ぜひヒートカッターと一緒に使ってみましょう。

ヒートカッターで処理した後の毛がパサついているように感じた時にも有効です。

Raviaを作っているKOEIでも、「フワウム」というトリートメントを販売しています。デリケートゾーン用なので、パラベンなど肌の負担になる成分は極力使わずに作られています。

LCラブコスメの「シナヤカウォッシュ」も有名です。

ヒートカッターで処理したうえにアンダーヘア専用トリートメント!?普段見えない部分に、何でそこまでする必要があるってのよ!
男性の中には、デリケートゾーンのゴワゴワした剛毛が気になる人も多いのさ。ふんわりしたアンダーヘアは女性らしさを演出してくれるものだから、手抜きしてほしくないな!

アンダーヘア処理に悩んでいるならヒートカッターを試してみて

VラインやIラインの毛が気になっているけれど、どう処理したらいいか悩んでいる人は、ぜひヒートカッターを試してみてください。毛をつまんでコームでとかすようにして切っていくだけなので簡単ですし、ハサミよりもチクチクが軽減されます。

デリケートゾーンの毛が短くなれば、暑い時期のショーツ内の蒸れが改善され、かゆみも少なくなります。生理の時も毛に血が絡まないので衛生的ですよ。

VラインやIラインの脱毛でサロンやクリニックに通うのは恥ずかしくて勇気が出ないというみなさん、ぜひヒートカッターを使ってみてくださいね。