太もも脱毛にかかる回数!触れたくなる脚になるまでの期間

太もも脱毛にかかる回数!触れたくなる脚になるまでの期間

「スネ毛はあるけど、太ももにはあまり毛が生えていないので、処理はしない」という女性がいる一方、太ももの毛が濃いことに悩んでいる女性も少なくありません。

太ももの毛に悩む人の中には、カミソリで処理をしている人もいるのですが、これは全くおすすめできないムダ毛処理方法です。

太ももの裏は常にイスやボトムスとの摩擦にさらされているため、毛が皮膚に埋もれて黒いブツブツができる埋没毛を引き起こしやすいからです。

きれいに効果的にムダ毛処理するなら脱毛がおすすめです。サロンでの脱毛と医療レーザー脱毛での脱毛完了までにかかる費用や回数を比較しながら紹介します。

太ももは脱毛でツルスベ!カミソリだと知らぬ間に埋没毛が

太もも、特に太ももの裏はカミソリなどで剃ってしまうとトラブルが起きやすい部位です。きれいに処理するなら、脱毛するのが一番おすすめです。

脱毛をおすすめする理由と、カミソリや脱毛クリームでの処理が肌トラブルにつながる理由をご説明します。

太ももの毛の処理に脱毛をおすすめする理由

太ももの毛の処理に脱毛をおすすめする理由は、一番トラブルが少なくきれいに仕上がるからです。

消去法といってもいいかもしれません。脱毛以外の方法だと、埋没毛、肌荒れ、色素沈着などのトラブルが起きる可能性があるので、全くおすすめできないんです。

脱毛なら、自分では処理しにくい太ももの裏もきれいに処理してもらえますし、肌荒れや色素沈着が起きる心配もありません。

脱毛が完了すれば処理しなくて良くなるので、ショートパンツや水着を着る夏中、ずっと処理する面倒からも解放されますよ。

カミソリでの処理は難しい上にチクチクしちゃう!埋没毛もできる

太ももの裏はカミソリやシェーバーで剃りにくいですよね。剃った後に毛先が尖ったチクチクした毛が伸びてきて、ストレスを感じる人も多いです。

さらに、毛を剃ることで皮膚が刺激を受けて角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまいます。すると、伸びてきた毛が皮膚の上に出て来られなくなり、皮膚の下で渦を巻く埋没毛になります。皮膚の下に黒い毛が見えて、見た目がかなり悪いです。

しかも、太ももはパンツやスボンを上げ下げしたり、イスに座ったり立ったりすることで服などと擦れやすく、特に角質が厚くなりがちで埋没毛ができやすい部位です。

太ももの裏は、自分では普段あんまり見ないから、埋没毛に気づかない人も多いです。しかし、ミニスカートとかショートパンツを履いた時には、周りの人に見えてしまいます。最悪ですよね。

除毛クリームは皮膚が敏感な太ももにはおすすめできない

太もものムダ毛は剃りにくいので、除毛クリームを使う人もいます。塗って10~20分放置した後、洗い流すか拭きとるだけで処理が完了する商品です。

しかし、実はクリームもあまりおすすめできません。

除毛クリームは毛を溶かすほどの強い化学薬品だからです。触ってみればわかる通り、太ももの皮膚はとても柔らかくて薄いのが特徴です。デリケートなので、薬品にかぶれやすいんです。

もちろんかぶれや腫れなどの問題なく除毛クリームを使っている人もいますが、部位が部位だけに、おすすめしにくい方法です。

除毛クリームについては「除毛クリームなら剃り跡なし!しかし肌荒れのデメリットも」をご覧ください。

除毛タオルは手軽!でも毛深い人には向いてない

除毛タオルは、体を洗うようにこすることで、産毛を除毛してくれる商品です。太ももの裏や背中などのカミソリでは処理しにくいところに向いています。

しかし、除毛タオルは産毛用の商品です。産毛レベルを超えている剛毛だと除毛できないので、太ももの毛が濃くて悩んでいる人には、効果がありません。

さらに、頑張って除毛しようと強くこすり過ぎると、色素沈着の原因になってしまうことがあります。色素沈着とは、肌が強い刺激を受けてメラニン色素が分泌され、皮膚が黒ずんでしまうことです。

除毛タオルについては「脱毛タオルって背中の産毛に効果あるの?おすすめ商品と選び方」で詳しく解説しています。

こんなに苦労して太ももの裏の毛をカミソリで処理していたのに、埋没毛を招いていたなんて!それで、脱毛がおすすめってことだけど、実は脱毛にもデメリットがあるんじゃない?
そうね、自己処理に比べて費用が高いことと、硬毛化・増毛化のリスクがあるわ。でも費用はキャンペーンやセットを利用すればお得だし、硬毛化に対応してくれるクリニックもあるの。あとで説明するわね。

サロン・クリニックで太もも脱毛にかかる費用と回数を比較

太もも脱毛にはどれくらいの費用と時間がかかるのでしょうか。

太ももを単独で脱毛した場合と、他の部位と組み合わせて脱毛した場合の費用や、脱毛完了までにかかる回数をご紹介します。

サロン・クリニックでの太もも脱毛にかかる費用

各サロンやクリニックでの太もも脱毛の費用をまとめました。

太もも(ヒザ上)の脱毛には、膝そのものは含まれないことがほとんどなので、注意してください。

サロン 太もも(ヒザ上)脱毛の費用
ミュゼプラチナム 1回6,000円
4回24,000円
6回36,000円
銀座カラー 8回42,000円
脱毛し放題75,200円
ディオーネ 6回48,000円
12回78,000円
クリニック 太もも(ヒザ上)脱毛の費用
湘南美容外科 1回17,410円
3回50,220円
6回81,000円
リゼクリニック 5回79,800円

これお得!ヒザ下と合わせて脱毛しちゃうのがおすすめ

太ももを脱毛するなら、膝やスネ毛(ヒザ下)も一緒に脱毛したいという人も多いですよね。特に膝は形が複雑で自己処理が難しいので、必ずやっておきたいところです。

そんな場合はお得なセットコースを選びましょう。合わせて脱毛すればお得ですよ。

リゼクリニックでは足の指から太ももまで脱毛できる「足全体セット」を用意しています。料金を比べるとすごくお得ですよね。

ヒザ下・ヒザ上
それぞれ単品の料金
ヒザ下5回89,800円
ヒザ上5回79,800円
合計169,600円
足全体セット
(ヒザ下、ヒザ上、足の甲と指、膝含む)
5回119,800円

ミュゼプラチナムやディオーネでも、いくつかのパーツを組み合わせてお得な料金で脱毛できるセットコースがあります。

ディオーネのセット料金です。セットだと、足の甲と指まで脱毛しても、ヒザ下・ヒザ上を別々に契約するより安いです。

ヒザ下・ヒザ上
それぞれ単品の料金
ヒザ下6回42,000円※
ヒザ上6回48,000円
合計90,000円
3箇所セット(LLSパーツ)
(ヒザ下、ヒザ上、
足の甲と指)※
6回55,000円

※ヒザ下に膝含む

足だけではなくて、思い切って全身脱毛を検討するなら、ぜひ「全身脱毛とは?全身脱毛効果を早く出すサロンの選び方と料金」を参考にしてください。

光脱毛サロンは脱毛完了まで24回!?脱毛にかかる回数

何回通えば、太もも脱毛の効果が出るんでしょうか。

一般的に、クリニックでの医療レーザー脱毛だと5回くらいで脱毛が完了します。

クリニックだと最初は1~2ヶ月に1度、毛が減ってくると間隔を開けて通うことになるので、5ヶ月~10ヶ月くらいかかる計算です。

サロンでの光脱毛だと、医療レーザー脱毛よりも照射できる光が弱く、脱毛の効果が出るのが遅いので、12~24回くらいかかってしまいます。1~4ヶ月に1回通うことになるので、1年~最長8年と長い時間がかかります。

8年も通い続けるなんて、ちょっと想像できませんよね。でも、ミュゼプラチナムなどの人気サロンだと、予約がとりにくくて4ヶ月に1回しか通えないこともあるんですよ。

予約が取りやすいと評判なのは、銀座カラー、キレイモ、ディオーネなどです。

脱毛サロンはけっこう回数がかかるのね!契約した回数が終わっても、効果が出てないってことにもなりかねないわね。
そうね、毛が薄くて細いほど回数もかかるし。脱毛し放題コースがある銀座カラーやキレイモなら、料金の追加を心配しなくてもいいわよ。

硬毛化や痛みに注意!太もも脱毛の注意点と疑問点

太もも脱毛するときの注意点としては、硬毛化と増毛化がまず挙げられます。脱毛のためのレーザーやフラッシュを当てることで、細かった毛が太くなったり、増えたりしてしまうことです。

太もも脱毛の注意点や、痛みが強いのかどうか、医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらが効果的なのかなどの疑問点にお応えします。

太もも脱毛最大の注意点は硬毛化・増毛化!脱毛で毛が増える

太ももの毛は色が薄くて柔らかい産毛が多いですよね。こういう毛は、硬毛化や増毛化しやすいという特徴があります。

硬毛化・増毛化は、脱毛のためのレーザーやフラッシュが原因で起こってしまう現象です。

  • 硬毛化:産毛が太く濃くなること
  • 増毛化:今まで毛が生えていなかった毛穴からも毛が生えてくること

レーザー脱毛の場合、硬毛化や増毛化は7~8%の人に起こると言われており、誰にでも起こりえます。そのため、硬毛化・増毛化したときの保証や診察があるクリニックを選ぶべきです。

具体的には、新宿クレアクリニック、Dr.松井クリニック、リゼクリニックなどが硬毛化・増毛化に対応すると明記しています。

この他のサロンやクリニックで脱毛する場合、事前カウンセリングで硬毛化・増毛化のリスクや保証について説明してくれるところを選びましょう。

細い毛にはパワーが強い医療レーザー脱毛のほうが効果あり

太ももに生えているのが産毛のような柔らかい毛の場合、サロンでの光脱毛よりも、クリニックでの医療レーザー脱毛のほうが効果があるという口コミがほとんどです。

この差は、医療レーザー脱毛と光脱毛の光・熱の強さの差によって生まれます。クリニックでの医療レーザーのほうが光が強く、サロンでの光脱毛はパワーが弱く設定されています。

黒くて太い毛は、光脱毛のような低めの熱でも、毛根までちゃんとダメージが伝わります。一方の産毛は、毛根までちゃんとダメージを与えようと思うと、高い熱を与える必要があります。

肌よりも色が濃い毛なら、レーザー脱毛でも光脱毛でも脱毛効果はありますが、パワーが弱い光脱毛のほうが時間がかかってしまうのです。

そのため、太ももの毛が細く色が薄い場合には、パワーが高いレーザー脱毛が向いているのです。

太ももの内側は意外に痛い!太もも脱毛の痛みとは

太もも脱毛をする場合、光脱毛なら痛みはほとんど感じないでしょう。しかし、医療レーザー脱毛だと強い痛みを感じる人がいます。

内ももなど、特に皮膚が柔らかい部分は「泣きたくなるほど痛い」「照射後、赤みがなかなか引かない」という人もいます。

医療レーザー脱毛を行うクリニックでは、痛みが強い場合は麻酔を使ってくれますので、痛いなら我慢せずに相談してみましょう。

太もも脱毛後の注意点!シャワーですませて保湿ジェルを塗る

先ほどもお伝えした方に、太ももは埋没毛が発生しやすい部位なので、脱毛後のケアが大事です。具体的には、保湿ジェルやローションを使って、しっかり保湿をしましょう。使うのは、家にある市販のもので構いません。

サロンやクリニックによっては、施術後にジェルを塗ってケアしてくれることがありますが、自宅に返ってからも自分でケアするのを忘れないで下さい。

また、脱毛した当日はお風呂に入らないようにしてください。特に医療レーザー脱毛の場合、体をあたためると痛みや赤みが強くなることがあるからです。施術当日はシャワーで済ませてくださいね。

脱毛サロンやクリニックに行く前には、自分でシェービングをする必要しなきゃいけないってきいたんだけど、それだとまた埋没毛がでないか心配・・・シェービングのコツってあるのかしら?
太ももの皮膚は柔らかくて毛も細いので、うぶ毛用のシェーバーを使って優しく剃るのがコツよ。くれぐれもシェーバーを肌に強く押し当てたりしないようにね。カミソリは怪我したり、カミソリ負けや埋没毛を起こす可能性があるから使わないほうがいいわ。

太ももの手触りって重要!脱毛で男性を魅了する脚になろう

ショートパンツやミニスカートから覗く、スベスベの太ももは男性をドキッとさせます。気合の入ったデートに備えて、太ももの毛はきれいにしておきたいですね。

脱毛クリームやカミソリで処理すると肌トラブルを引き起こす可能性があるので、きれいにムダ毛処理するならクリニックやサロンでの脱毛がおすすめです。

クリニックでの脱毛は痛みを感じる人も多いですが、サロンに比べて短期間で脱毛が完了します。硬毛化や増毛化といったリスクに対応してくれるクリニックなら、さらに安心です。

さぁ、あなたも脱毛で男性を魅了するきれいな脚を手に入れましょう。脱毛の施術を受けた後は、自宅でも保湿ジェルなどをしっかり塗れば、さらなるスベスベ脚を目指せますよ。

※記載されている料金、キャンペーン、店舗情報などは2016年12月現在のものです。