ひざ下脱毛が安い医療脱毛&サロン!回数・期間からキャンペーン情報まで

ひざ下脱毛が安い医療脱毛&サロン!回数・期間からキャンペーン情報まで

足を出すファッションには欠かせない、ひざ下のムダ毛処理。日々の自己処理は手間なうえ、自己処理が原因で毛が濃くなってしまったり、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまったりすることもあります。

脱毛をすればそんな自己処理の手間からは開放されるうえ、毛穴が目立たなくなり肌が美しく見えるというメリットもあるんです。

しかし「脱毛をしたいものの、どこに通えばいいのかわからない」「サロンとクリニックの違いがわからない」などの疑問から、なかなか脱毛に踏み出せない人もいるでしょう。

そんな人のために、この記事では脱毛方法ごとの違いや、安くておすすめのクリニック・サロンをお伝えします。

またひざ下脱毛には、家庭用脱毛器を使用するという手も。クリニック・サロンでの脱毛と比較し「どんな人におすすめか」や、おすすめ家庭用脱毛器の紹介も行うので、ぜひ参考にしてください。

ひざ下脱毛のおすすめは?クリニック・サロン・家庭用脱毛器の違い

ひざ下のムダ毛をなくしたいんだけど、脱毛するならクリニックとサロン、どっちがいいのかしら。
どちらかというとクリニックがおすすめだけど、サロンにもサロンならではの強みがあるから「絶対にどちらかがいい!」とは言いにくいわね。

それに自宅で使用できる、家庭用脱毛器を利用する手もあるわよ。

私は料金が安ければ、なんでもいいわ。どの方法が一番安く済むのか、教えなさいよ。
料金は辛うじてサロンが一番安いけど、正直どの方法もあまり変わらないのよ。だからこそ、それぞれの脱毛方法の特徴を知り、自分にあったものを選ぶといいわ。

ここでは、各脱毛方法の特徴を紹介します。「もうどの方法で脱毛するか決まっている」という人は、「おすすめのクリニック・サロン・家庭用脱毛器」や「はしごにおすすめのキャンペーン」の項目をご覧ください。

多くの場合、クリニックでは「医療レーザー脱毛(永久脱毛※)」、サロンや家庭用脱毛器では「光脱毛」という方法で脱毛を行います。

永久脱毛とは

脱毛完了から一定期間過ぎた時点で、一定量の毛が減っている状態のことを指します。日本では、永久脱毛は医療機関でしか受けることができません。

詳しくは「永久脱毛とは?永久脱毛=一生毛が生えてこないことじゃない」の記事で解説しています。

脱毛方法
医療レーザー脱毛 ・クリニック
光脱毛 ・サロン
・家庭用脱毛器

医療レーザー脱毛と光脱毛、それぞれの特徴は次のとおり。

「医療レーザー脱毛」「光脱毛」の特徴
比較項目 医療レーザー脱毛 光脱毛
脱毛効果 高い 低い
脱毛に必要な回数
(期間)
約5~8回
(約半年~1年半)
約12~24回
(約半年~3年)
痛み 強い 弱い
※毛がほとんど生えなくなるまでに必要な回数

医療レーザー脱毛には「脱毛効果が高い」「少ない回数で効果が出せる」などのメリットがありますが、痛みが強いというデメリットがあります。

ひざ下(特に表側)は特に痛みを感じやすい部位でもあるので、気になる人は光脱毛を選ぶのもアリでしょう。

しかし全身脱毛を受けた筆者の友人数人に聞いたところ、「あまり痛みを感じなかった」との意見も多かったです。毛の薄い人は特に、あまり痛みの心配はいらないかもしれません。

またクリニックに問い合わせてみても「痛みを抑える麻酔を利用する人はごく少数なうえ、VIO以外で利用する人はいない」と言われる場合が多いため、基本的には「痛くても我慢できる程度」と考えておくのがいいでしょう。

サロンと家庭用脱毛器は同じ「光脱毛」みたいだけど、どっちのほうが効果が高いの?
サロンも家庭用脱毛器も、ほとんど変わらないわ。
家庭用脱毛器には、レーザー脱毛ができるものもあるって聞いたことがあるんだけど。
ええ、あるわ。「トリア」がそれに当たるわね。家庭用のレーザー脱毛器の効果はサロン以上、クリニック未満といったところよ。

クリニックの医療レーザー脱毛・サロンの光脱毛・家庭用脱毛器の効果目安

家庭用脱毛器の効果について、さらに詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

脱毛方法の特徴については以上ですが、それを行うクリニック・サロン・家庭用脱毛器ならではの魅力はほかにもあります。

クリニック・サロン・家庭用脱毛器の特徴
クリニック ・クリニック側が脱毛の予定を管理してくれる
・医療機関のため肌トラブルの際もすぐに対応してもらえる
・脱毛時に麻酔を利用して痛みを軽減することができる
サロン ・サロン側が脱毛の予定を管理してくれる
・美容に力を入れている場合が多い
・接客に力を入れている場合が多い
家庭用脱毛器 ・自分のペースで脱毛できる
・一度買ってしまえばほかの部位にも使えるためコスパがいい

脱毛方法で悩んだら、こちらの特徴も参考にしてみてくださいね。

料金を徹底比較!安いクリニック・サロンとおすすめ家庭用脱毛器

この項目では、安く脱毛できるクリニック・サロンや、おすすめの家庭用脱毛器を紹介します。気になる項目をタップしてご覧ください。

クリニック・サロン・家庭用脱毛器とも、相場は5~6万円程度であまり変わらないわ。
ひざ下脱毛の料金相場
クリニック 約6万円
サロン 約5万円
家庭用脱毛器 約6万円
※クリニックは5回、サロンは12回脱毛する場合の相場

【クリニックの料金比較】渋クリ・アリシア・椿クリニックが安い!

人気クリニック12院の、ひざ下脱毛料金は次のとおり。効果を感じる目安の回数として、5回の料金を紹介します。

各クリニックについての詳細は、クリニック名をタップして確認してちょうだい。
クリニックのひざ下脱毛料金比較(5回)
クリニック 料金(5回)
渋谷美容外科 27,000円(※1)
アリシアクリニック 41,250円
79,200円(回数無制限)
椿クリニック 42,984円(回数無制限(※2)
表参道スキンクリニック 48,600円
フレイアクリニック 51,840円
レジーナクリニック 58,320円
品川美容外科 59,940円(※3)
ジョウクリニック 69,120円
共立美容外科 78,000円(年間フリーパス(※4)
湘南美容外科 81,000円(6回)
フェミークリニック 86,400円
リゼクリニック 89,800円
※1:初回限定
※2:2年間、初回限定
※3:BMC会員価格
※4:最大6回

ひざ下脱毛が特に安いのは、渋谷美容外科。初回限定ですが、27,000円とダントツに安い価格でひざ下脱毛を受けることができます。

一方で渋谷・新宿・池袋・横浜と、関東にしか展開していないのが難点でもあります。

お住まいの地域から渋谷美容外科に通うのが難しい場合は、次点で安いアリシアクリニックや椿クリニック、表参道スキンクリニックなども検討してみるといいでしょう。

アリシアクリニックでは5回・8回の回数セットプランのほかに、回数無制限の脱毛し放題プランも設けています。「徹底的にムダ毛をなくしたい」という人は、脱毛し放題プランも検討してみてはいかがでしょうか。

表では椿クリニックも回数無制限だと紹介しているけれど、こちらはアリシアクリニックと違って2年の期限付きだから気をつけてね。

主要なクリニックの料金比較は以上ですが、地域によってはここで紹介したよりもさらに安い料金設定のクリニックがある場合も。

次の記事からは、各都道府県のおすすめクリニックを紹介している記事に移動できます。お住まいの地域のクリニックについて詳しく知りたい人は、ぜひご覧ください。

【サロンの料金比較】リンリン・脱毛ラボが安くておすすめ

人気サロン9店の、ひざ下脱毛料金は次のとおり。効果を感じる目安の回数として、12回の料金を紹介します。

各サロンについての詳細は、サロン名をタップして確認してちょうだい。
サロンのひざ下脱毛料金比較(12回)
サロン 料金(12回)
リンリン(RINRIN) 22,464円
脱毛ラボ 38,880円
エピレ(epiler) 48,384円(※1)
エステティックTBC 48,384円(※1)
ミュゼプラチナム 48,600円(※2)
ジェイエステティック 50,544円
ストラッシュ(STLASSH) 69,142円
ディオーネ(Dione) 77,760円
銀座カラー 81,218円(回数無制限)
※1:初回契約時限定
※2:デイプラン、アプリDL価格

サロンで脱毛する場合、特に安くおすすめなのはリンリン。リンリンは関東・関西・東海・中国・四国に50店舗以上展開しています。

続いて安い脱毛ラボも全国に60店舗以上展開しており通いやすいため、リンリンが近くにない場合は検討してみましょう。

主要なサロンの料金比較は以上ですが、地域によってはここで紹介したよりもさらに安い料金設定のサロンがある場合も。

次の記事からは、各都道府県のおすすめサロンを紹介している記事に移動できます。お住まいの地域のサロンについて詳しく知りたい人は、ぜひご覧ください。

おすすめ家庭用脱毛器6選!イチオシは「ケノン」

家庭用脱毛器と一口にいっても、多くの製品があります。製品にはそれぞれ個性があるため、どのような点に重きを置くかによっておすすめは異なるんです。

次に紹介する6製品はどれも違ったタイプの家庭用脱毛器であり、それぞれの魅力があります。製品名と一緒に、その特徴もチェックしていきましょう。

おすすめ家庭用脱毛器と特徴
製品名 特徴
ケノン コスパ抜群で総合力が高い
トリア(tria) 現在手に入る唯一の家庭用レーザー脱毛器
レイボーテR
フラッシュPLUS
連続照射機能が高性能で、照射間隔も短い
エピレタ
(epilata)
価格が安くお手頃
スムーズスキンベア
(bare)
比較的低価格でショット数も多い
レイボーテグランデ 照射面積がダントツに広いラージランプ付き

万人におすすめできるのは、人気製品であり知名度も高い光脱毛器の「ケノン」。

家庭用光脱毛器ケノン

ケノンは脱毛処理の手間に直結する「照射面積の広さ」や「連続照射機能」はもちろん、「10段階のレベル調整が可能」「カートリッジの交換可能」など重要な要素を取り揃えています。さらに、コスパも抜群です。

ケノンやそれ以外の脱毛器について、もっと詳しく知りたいという人は次の記事をご覧ください。

キャンペーンや初回限定プランをはしごして脱毛するのもおすすめ

ひざ下脱毛をしたい場合、ここまで紹介したような通常プランではなく、複数のクリニック・サロンのキャンペーンや初回限定プランをはしごするという手もあります。

キャンペーンをはしごする場合のメリット・デメリット
メリット ・1つ1つのプランが安いので気軽に脱毛をはじめられる
デメリット ・まとまった回数脱毛するのは難しい
・複数のクリニック・サロンに通わなくてはいけない

「ある程度の脱毛効果で満足できる」「すでに数回脱毛をしていて、まとまった回数は必要ない」「まずは1回試してみたい」という人にはおすすめです。

クリニック・サロンのキャンペーンをはしごして脱毛

そのような通い方をしたい場合に、おすすめのプランを紹介します。どのプランも初回限定で利用可能です。

はしごにおすすめのクリニックとプラン
クリニック プラン 料金(税込)
椿クリニック ひじ下orひざ下3回プラン
(ひじ下またはひざ下3回)
6,480円
湘南美容外科 乗り換えトライアル(※1)
(Lパーツ(※2)1回)
9,800円
※1:エステで脱毛経験のある人が対象
※2:ひじ上、ひじ下、胸、お腹、背中上、背中下、お尻、ひざ上、ひざ下
はしごにおすすめのサロンとプラン
サロン プラン 料金(税込)
ミュゼ キャンペーン 無料~数百円
ビー・エスコート キャンペーン 数百円~数千円
リンリン キャンペーン 数百円~数千円
TBC 19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン
(全身から2部位1回または1部位2回)
980円
エピレ 19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン
(全身から2部位1回または1部位2回)
980円
ジェイエステ あしまるっと脱毛
(ひざ上・ひざ下・ひざ・足の甲指各2回)
2,000円

TBC・エピレの初回限定プランは、どちらかのみ利用可能です。

常設されているプランが多いですが、時期によっては違った内容のキャンペーンを行っている場合もあるため、現在のキャンペーン内容が気になる人は各クリニック・サロンのホームページをご覧ください。

もう自己処理に悩まない!ひざ下脱毛で理想の足を手に入れよう

この記事ではひざ下脱毛をしたい人のために、「クリニック・サロン・家庭用脱毛器の違い」「おすすめクリニック・サロン・家庭用脱毛器」について紹介しました。

ひざ下脱毛におすすめなのは、「効果が高い」「通う回数が少なく済む」などメリットが多い医療レーザー脱毛(クリニック)。

しかし「美容・接客に力を入れている場合が多い」ことからサロン、「自分のペースで脱毛できる」「ほかの部位にも使えてコスパがいい」ことから家庭用脱毛器など、光脱毛を選ぶのもアリです。

脱毛にかかる料金は、クリニック・サロン・家庭用脱毛器ともに5~6万円が相場であまり大差ないため、自分の希望にあった脱毛方法を選ぶといいですよ。

また安く脱毛したい人には、クリニックなら渋谷美容外科、サロンならリンリンが2万円台で脱毛できおすすめです。

自分に合った脱毛方法を選び、脱毛で理想のひざ下を手に入れましょう。

※掲載の情報は2019年1月現在のものです。

>
診断を
はじめる

サロンとクリニック、
どちらに通いたいですか?

診断結果

痛みも弱く割引も豊富♪
通う期間は2~5年!

1年以内で脱毛完了♪
効果も長期間持続!

もう一度診断をする

全身脱毛をしたい?
部分脱毛をしたい?

診断結果

全身を
脱毛したい!

気になる箇所だけ
脱毛したい!

もう一度診断をする

具体的に脱毛したい部位は?

診断結果

もう一度診断をする

あなたのお住まいは?

診断結果

もう一度診断をする

診断結果