介護脱毛で将来に備えよう!介護経験者・体験者の生の声を紹介

ノーイメージ
「いつか自分に介護が必要になったとき、ムダ毛ってどうしたらいいんだろう」と考えたことはある?
自分が介護される側に・・・考えたことがなかったわ。でも介護されるときに、ボーボーのムダ毛を見られたら絶対に恥ずかしい!
別に減るもんじゃないし、私は全然気にしないわね!
「見られて恥ずかしい」だけの問題じゃないわ!ムダ毛があると、介護をする側の負担になったり、自分の体にも負担がかかる場合があるのよ。
えっ、そうなの?
ええ。そこでしておくと便利なのが「介護脱毛」よ。

「介護脱毛」とは、自分が介護をされるときのために、デリケートゾーンや脇などのムダ毛を脱毛して備えておくこと。

40代前後から介護を意識し、介護脱毛を行う人が増えています。

とはいえ「脱毛は若い子がするイメージ」「40代で脱毛に行くのは恥ずかしくない?」「実際に介護をする人はどう思ってる?」など、気になることは多いですよね。

この記事では「介護脱毛経験者・介護経験者」の生の声を交えながら、介護脱毛のメリットや注意点、おすすめのクリニック・サロンを解説します。介護脱毛に関する不安・疑問の解消にお役立てください。

介護経験者の意見を紹介!介護脱毛のメリット・脱毛するべき部位は?

先ほど紹介したように「介護脱毛」とは、いつか自分に介護が必要になったときのために、脱毛しておくこと。特にVIO※や脇などの脱毛を、検討する人が多いです。

VIOとは

V・I・Oそれぞれのラインを合わせた脱毛部位(パーツ)のことです。

Vラインはショーツの上・両サイド
Iラインは太ももの付け根に沿った部位
Oラインはお尻の穴の周り

サロンやクリニックによっては、範囲が異なる場合もあります。

そこで気になるのが、「介護する側は、介護脱毛についてどう考えているのか?」という点。当サイトでは介護経験者に向けて、次のアンケートを実施しました。

アンケート概要
調査対象:女性を介護した経験がある男女20人
調査方法:インターネット
調査年月:2017年10月

アンケート結果からわかった、「介護する側から見た」介護脱毛のメリットは主に次の3つ。

介護脱毛のメリット
  • 体を洗う・拭く際に手間がかからない
  • 体を抱きかかえやすい
  • 介護を受ける側の体に負担がかかりにくい

詳しい質問・回答内容は、これから紹介します。

介護脱毛をしてくれていると、介護はラクになる?

介護経験者の介護脱毛に対する見解

介護する側に行ったアンケートによると、20人中14人が「介護脱毛をしてくれていると、介護がラクになる」と答えました。

「介護がラクになる」と回答した人から、寄せられた意見を紹介します。

「介護がラクになる」と答えた理由は?
・脱毛してあると、体の拭き取りに手間がかからない。拭きすぎると相手の皮膚がかぶれてしまう場合もある。
・便の拭き残しの確認がしやすい。
・ムダ毛が多いと体を洗う際に汚れが残ってしまう可能性がある。
・体を拭く際にタオルがムダ毛に引っかかり、痛いと言われてしまうことがある。
・脇を支えて立ち上がらせる際、ムダ毛がないほうが抱きかかえやすい。
・脇毛はあまり見慣れていないので、見ると気持ち悪くなってしまう。
正直「脇脱毛は介護には関係ないんじゃないの?」って思ってたわ。脇脱毛も、する意味があるのね。
「脇を脱毛しておいてほしい」という声は多かったわ。でもVIOも含め、「ムダ毛はあまり気にならない」という人もいたの。これから紹介するわね。

先ほどのアンケートで「介護をする際ムダ毛は特に気にならない」と回答した人からは、このような声が寄せられました。

「介護をする際ムダ毛は特に気にならない」と答えた理由は?
・脱毛する年齢ではないし、そのような習慣がなかった時代の人なので特に気にならない。
・介護相手が高齢であったためか、ムダ毛がとても薄く気にならなかった。ムダ毛が多い相手だと大変だと思う。
・特に不便に感じたことはない。
ムダ毛がもともと薄い場合は、脱毛する必要はないのかな?
そうとも限らないわ。回答者のなかには、「介護相手のムダ毛は薄かったが、身体を拭くときに絡まって大変だった」という声もあったの。

次に「脱毛する部位」についての、質問と回答を紹介します。

「脱毛してあると介護が楽になる」と感じる部位は?
部位 「楽になる」と答えた人の割合
Oライン 65%
Iライン 60%
Vライン 45%
40%

VIOと脇以外にも、それぞれ約15%ほどですが「この部位を脱毛して欲しい!」という意見が寄せられました。

「脱毛してあると介護が楽になる」と感じる部位(VIO・脇以外)
  • 背中
  • 腹部
  • 胸部
うーん。ここまで脱毛したほうがいい部位が多いと、やっぱり全身脱毛をしたほうがいいのかしら。
これらの部位は「脱毛していないよりは、してあったほうがいい」程度に考えておくといいわ。

介護経験者に聞いてみた!きっかけ・不安に思ったこと・よかったこと

介護脱毛を考えるうえで、知っておきたいのが体験談。当サイトでは介護脱毛経験者を対象に、アンケートを行いました。

アンケート概要
調査対象:介護脱毛経験者の男女15人
調査方法:インターネット
調査年月:2017年10月

アンケートで聞いたのは、主に次の3点。

介護経験者への質問内容
  • 介護脱毛をしようと思ったきっかけ・理由は?
  • 介護脱毛をするうえで、不安に感じたことは?
  • 介護脱毛をして「よかった」と感じていることは?

ではさっそく、回答を見ていきましょう。

介護脱毛をしようと考えたきっかけ・理由は?
・祖母を介護したのがきっかけ。毛についた排泄物を拭き取るのに、苦労をした。(女性/36歳)
・介護施設で実習を行った際、年をとっても意外とムダ毛が減らないことに気づいた。将来介護される可能性も考えて、脱毛しようと思った。(女性/35歳)
・脱毛サロンで勧められた。(女性/35歳)
・テレビで介護脱毛について知り、自分もやりたいと思った。(女性/50歳)
・股関節の施術を受け、一時的に介護される立場になったのがきっかけ。再手術の可能性もあったので、少しでも介護をする人の負担を減らしたいと思った。(女性/31歳)
「脱毛サロンで勧められた」とか「テレビで見た」とか、介護脱毛ってそんなにメジャーだったのね。
「誰もが知っている」とはいかないまでも、知名度は徐々に上がっていて、介護脱毛を行う人も増えているわ。
介護のために脱毛する人って、あんまりいないのかな?と思っていたけど、そうでもないのね。
アンケートでは、そんな不安があったと答えた人もいたわ。でも皆、スタッフや医師から「介護脱毛を行う人は多い」という話を聞いて、安心したそうよ。

ほかにも「介護脱毛をするうえで不安に感じたこと」として、こんな意見が寄せられています。

介護脱毛をするうえで、不安に感じたことは?
・VIO脱毛は痛みが強いと聞いていたので不安だった。(女性/36歳)
・肌が弱いので、脱毛できるのか不安だった。(女性/36歳)
・自分よりも若いスタッフに、VIOをさらけ出して施術を受けるのに抵抗があった。(女性/35歳)
確かに不安になるわ!
大丈夫よ。サロンやクリニックの多くでちゃんと対策がなされているから、これらの不安は解消できるわ。
不安への対策
・試し打ちが可能であれば行ない、痛みに応じて出力を調整してもらう。
・肌の状態について、初回のカウンセリングでスタッフとしっかり相談する。
VIOを見られるのが恥ずかしいのは、どうしたらいいの?
今はVIO脱毛をする人が多いから、スタッフも見慣れているわ。

それにクリニック・サロンによっては紙パンツが用意されて、少しずつずらして脱毛したり、恥ずかしさを軽減する工夫がされているの。

最後に、介護脱毛経験者が「介護脱毛をしてよかった」と感じていることを紹介します。

介護脱毛をして「よかった」と感じていることは?
・ムダ毛の処理がとてもラクになり、時間の節約になった。(女性/40歳)
・自分でムダ毛の処理をする必要がなくなり、肌荒れが解消された。(女性/36歳)
・VIOからニオイがしなくなった。(女性/42歳)
・脱毛した部分がスッキリしていて快適。(女性/40歳)
・生理時の不快感が減った。(女性/35歳)

介護脱毛経験者からは、「介護がラクになる」以外のメリットが多く寄せられました。

ムダ毛の処理に困らないのは、嬉しいわよね!
ええ、介護のための脱毛とはいえ、普段の生活が快適になったという声は多いわ。

介護脱毛におすすめのクリニック・サロン!脱毛方法ごとの違いも解説

ここまで介護脱毛の実情を紹介してきました。この項目では「介護脱毛を実際にしてみたい」という人に向け、次の3点について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

介護脱毛におすすめの脱毛方法!クリニック・サロンの違いを解説

まずは脱毛方法について詳しく紹介します。脱毛方法には、主に次の2種類があります。

主な脱毛方法
  • クリニックでの医療レーザー脱毛
  • サロンでの光脱毛

各方法のメリット・デメリットはこちら。

脱毛方法ごとのメリット・デメリット
脱毛方法 メリット デメリット
クリニック ・1回の効果が大きい
・短期間で脱毛が完了する
・医療機関なので肌トラブルにすぐ対応してもらえる
・痛みが強い
・皮ふの炎症が起こりやすい
・効果が強いので一気にツルツルになる可能性がある
サロン ・痛みが弱い
・徐々に薄くできる
・キャンペーンが豊富なので安く脱毛可能
・1回の効果が薄い
・脱毛完了まで長くかかる
・皮ふの炎症が起きたら別途医療機関の診察が必要

またアンケートの回答者のなかには、「若い子ばかりだと通いにくいから、利用者の年齢層が幅広いクリニック・サロンに通いたい」と考えていたという人も。

クリニックはサロンよりも、利用者の年齢層が広い傾向にあります。脱毛を専門に行う「リゼクリニック」は、特に年齢層が幅広くおすすめです。
先ほども紹介したとおり、介護脱毛をする人は徐々に増えているの。だからどのクリニック・サロンを選んでも、「若い子しかいない!」という状況にはなりにくいわ。

これまでの情報をまとめた、タイプ別のおすすめがこちら。自分の希望に合うのはどちらか、確認しましょう。

こんな人におすすめ
脱毛方法 おすすめの人
クリニック ・短期間で大きな効果を得たい
・肌トラブルには医師にすぐ対応してほしい
・利用者の年齢層が幅広いところに通いたい
サロン ・長くかかっても痛みは少ないほうがいい
・キャンペーンを使って安く抑えたい
・徐々に効果を見ながら薄くしたい
痛いのは苦手だし、私はサロンにしようかしら。
クリニックによっては、麻酔を利用して痛みを和らげられる場合もあるわよ。
えっ、そうなの!?じゃあやっぱり、短期間で大きな効果が出せるクリニックにするわ!
でも痛みの感じ方や麻酔の効き目も、人によるということは覚えておいてね。私の魔法使い友達には「麻酔を利用したけど、効果は気休め程度だった」という人もいたわ。
「気休め程度」って、ほぼ効果がないってことじゃない!というかその人も魔法使いなら、魔法でなんとかしなさいよ!
魔法もそんな便利なものじゃないの。でも「麻酔を利用したら、かなり痛みが軽減された」という人もいたわ。

「麻酔が利用可能か」「追加料金が必要か」は、クリニックによって異なります。気になる人はクリニックのホームページを見たり、電話で問い合わせてチェックしましょう。

介護脱毛をするならここ!ポイントは安さ・追加料金の有無

介護脱毛におすすめのクリニック・サロンは次のとおり。

各クリニック・サロン名の部分から、詳しい紹介記事を見ることができるわよ。
介護脱毛におすすめのクリニック
クリニック名 おすすめの理由
レジーナクリニック 剃毛料・薬代などの追加料金がかからない
リゼクリニック 剃毛料・薬代などの追加料金がかからない
渋谷美容外科 VIO脱毛が安い
湘南美容外科 脇脱毛が安い
介護脱毛におすすめのサロン
サロン名 おすすめの理由
ジェイエステティック VIO脱毛が安い
ミュゼプラチナム 脇脱毛が安い
キレイモ 全身脱毛が安い
「追加料金がかからない」って?普通はかかるのかしら?
クリニックによって異なるけれど、剃毛料・薬代はかかる場合が多いわ。ちなみにレジーナクリニックは、麻酔も無料で受けられるのよ。

「紹介にあるクリニック・サロンが近くにない!」という人や「ほかのおすすめも知りたい!」という人は、こちらの記事をご覧ください。

【番外編】介護脱毛経験者が利用したクリニック・サロンを紹介

アンケートでは、介護経験者が実際に利用したクリニック・サロンについての情報が寄せられました。利用した感想を、一部紹介します。

介護脱毛経験者が利用したクリニックと感想
クリニック名 利用した感想
リゼクリニック ・料金が安く対応もしっかりしていて、いいクリニックだと思った。(女性/42歳)
・利用者の年齢が幅広く、抵抗なく安心して通えた。(女性/40歳)
アリシアクリニック ・カウンセリングが丁寧だったので、不安を感じずに通えた。料金もわかりやすかった。(女性/36歳)
介護脱毛経験者が利用したサロンと感想
サロン名 利用した感想
ミュゼプラチナム ・スタッフ教育が行き届いている。説明が丁寧で細かく、勧誘もなかったので安心できた。(女性/35歳)
・接客が丁寧で、施術もテキパキと進めてくれた。また同年代の女性も利用していたので、ホッとした。(女性/50歳)
エステティックTBC ・毎回、スタッフが丁寧に不安の相談にのってくれた。部屋もキレイで、プライバシーが守られていたので恥ずかしくなかった。(女性/30歳)
こういった生の声は参考になるわね!
介護脱毛経験者がクリニック・サロン選びで重視した点も紹介するから、利用した感想と合わせて参考にしてみて。
介護脱毛経験者がクリニック・サロン選びで重視した点
  • 安心・安全性
  • 知名度
  • 料金の安さ
  • 通いやすさ
  • 雰囲気
  • 口コミ
料金に気をとられていて、「通いやすさ」のことを忘れていたわ!
「通いやすさ」は重要よ。アクセスのよさはもちろん、車で通いたい場合は「駐車場の有無」のチェックを忘れずにね!

後悔しないために知っておこう!介護脱毛の注意点を解説

介護脱毛をするうえで、知っておくべき注意点は主に次の2点。

介護脱毛の注意点

これから詳しく解説します。

白髪に効果があるのはニードル脱毛だけ!一般的な方法では不可能

40代近くになると、ムダ毛に白髪が混じりだす人も。

白髪は、「ニードル脱毛※」でのみ脱毛できます。

ニードル脱毛とは

毛穴に針を刺して電気を流し、毛根を破壊して脱毛する方法。毛根を完全に破壊するため1本1本確実に脱毛できます。

白髪は、一般的によく行われる「光脱毛」や「医療レーザー脱毛」では脱毛できないので、注意が必要です。

どうして「光脱毛」や「医療レーザー脱毛」では、白髪をなくすことができないの?
光脱毛や医療レーザー脱毛は、白髪に反応しないから効果がないの。どちらも毛の黒色に反応して毛根にダメージを与え、毛を生えにくくする仕組みなのよ。

ニードル脱毛には「光脱毛や医療レーザー脱毛に比べ料金が高い」「痛みが強い」などのデメリットがあります。

白髪が増えると脱毛が難しくなってしまうため、生える前に施術を済ませておくのがおすすめです。

まだ白髪の本数が少ないうちなら、「白髪のみニードル脱毛を利用して、残りは光脱毛か医療レーザー脱毛で」というのも可能よ!

白髪の脱毛について詳しくは、次の記事をご覧ください。

VIOの形はしっかり決めておこう!後悔しないためのポイント

VIO脱毛をする際、「どんな形にするか」を決めておくことは重要です。

主に、次のようなVIOの形があります。毛量を減らして、ツルツルにしないという人も多いんですよ。

VIOの形の種類

VIO脱毛で人気のデザイン一覧

アンケートの回答には、こんな後悔エピソードが寄せられています。

・最初にVIOの希望の形を聞かれたが、介護を楽にするのが目的だったので、よくわからず適当に答えた結果変な形になってしまった。どのような形にするか、きちんと考えておけばよかったと思う。(女性/36歳)
・まったく毛が生えてこなくなったので、少し気になった。(女性/42歳)
まったく生えない状態にしちゃうと、温泉に行くときに人目が気になりそう。
アンケートでも「今では平気だけど、はじめは温泉で人目が気になった」という意見があったわ。

今は脱毛している人も多いから、意外と気にならない可能性もあるわよ。一度温泉に行って、本当に気になるかどうか、周囲の様子を気にしてみてもいいわね。

初回のカウンセリングでVIOの形についてしっかりと話し合い、後悔のないようにしましょう。

介護脱毛でVIO・脇を脱毛しよう!介護も日常生活もラクチンに

この記事では介護脱毛について、介護経験者・介護脱毛経験者の生の声を中心に紹介しました。

介護経験者からは「介護脱毛をしてくれているとラクになる」という意見が多数寄せられ、特に需要のある脱毛部位はVIOと脇です。

介護脱毛経験者からは「ムダ毛の処理が楽になった」「VIOのニオイがしなくなった」など、介護がラクになる以外のメリットも寄せられました。

一方で「肌の弱さ」「痛み」に関して不安があったとの声も。「カウンセリングでしっかり相談する」「脱毛マシンの出力を調整してもらう」など、対策をとりましょう。

介護脱毛をするうえで、「白髪に効果があるのはニードル脱毛だけ」「VIOの形はしっかりと決めておく」の2点に注意してください。

介護脱毛についての認知は徐々に広がっており、決して珍しいことではありません。「恥ずかしい」と諦めずに、自分のため、介護をする人のため、ぜひ挑戦してみてください。