ブラジリアンワックスでの鼻毛脱毛は危険!安全な処理方法

ブラジリアンワックスでの鼻毛脱毛は危険!安全な処理方法

おしゃれや身だしなみにいくら気を遣っていても、一本飛び出ているだけで全てを台無しにしてしまうのが鼻毛です。鼻毛が飛び出ていると、顔の中心なのでかなり目立ってしまいますよね。

パナソニックが2010年に行った「女性の顔のムダ毛実態調査」では、86%もの女性が鼻毛ケアの経験があり、そのうち52%の人が継続して鼻毛ケアを行っているという結果でした。

多くの人が処理している鼻毛ですが、鼻毛には雑菌から私たちの身体を守る重要な役割があるんです。最近話題のブラジリアンワックスや永久脱毛で必要以上に処理してしまうと、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、鼻の中はとてもデリケートなので、間違った方法でムダ毛処理して鼻の粘膜を傷付けてしまうと菌が入り込んでしまい、脳に達した場合は最悪死に至ることも。

鼻毛の役割と、鼻毛脱毛のデメリット、正しい処理の方法を紹介します。急に合コンやデートの誘いが来ても、自信をもって臨むことができるように普段から安全に鼻毛を処理しておきましょう。

鼻毛は異物から身体を守っている!知られざる鼻毛の役割

仕事の帰り道やデートのあと、ふと鏡を見たら鼻毛が1本出ていたという失敗をしてしまった人もいるのではないでしょうか。そんなとき、他のムダ毛と同じように「鼻毛も脱毛してツルツルにしたい!」と考えてしまうかも知れません。

でも、ちょっと待って下さい。鼻毛は他のムダ毛と違って、身体を守るために必要な毛なんです。

鼻毛には主に以下の役割があります。

鼻毛の役割
  • 体内への異物侵入を防ぐフィルターの役割
  • においを嗅ぎ分ける役割

1つめのフィルターの働きとは、鼻は呼吸するときの空気の入り口なので、鼻毛が空気中のホコリや微生物を吸い込まないためのフィルターの役割をしているんです。

鼻毛が無くなってしまうと、くしゃみの回数が増えたり、風邪を引きやすくなるといったデメリットがあります。

2つめの働きについては、鼻の中には嗅毛(きゅうもう)と言われる鼻毛が生えていて、これがにおいをキャッチする嗅覚神経の役割を担っています。嗅毛がないと、うまくにおいを嗅ぎ分けることができなくなってしまいます。

このように、鼻毛は私たちの身体を守るために欠かせない毛なので、他のムダ毛と同じようにむやみに脱毛しても良い毛ではないんです。

鼻毛がこんなに必要な毛だなんて知らなかった!今までそんなこと知らずに鼻毛なんてなくなればいいのにって思ってたよ。
そうよね。ちなみに鼻毛はホコリや微生物からだけじゃなく、花粉からも身体を守ってるのよ。
え、私花粉症なんだけど、もしや鼻毛処理ってしちゃダメなのかしら・・・?
鼻毛を処理しちゃうと花粉の侵入も容易になってしまうわ。花粉症の場合、花粉シーズンは鼻毛処理はやめた方がいいわね。

鼻毛脱毛で最悪死に至る場合も!話題のワックス脱毛はNG

鼻毛が身体を守っているとはいえ、エチケットとして鼻毛処理は必要ですよね。鼻毛を抜いて処理する方法には、最近人気海外ドラマに登場して注目を浴びているブラジリアンワックスや、毛抜きを使う方法があります。

どちらも自宅で気軽にできる処理方法ですが、抜くことで鼻毛の役割は損なわれないのでしょうか。詳しく解説します。

最近注目のブラジリアンワックスは鼻の粘膜も剥がしてしまう

ブラジリアンワックスは元々デリケートゾーンの脱毛方法で、ブラジリアンワックスを脱毛したい部分に塗って、一気にムダ毛ごと引き剥がすといったものです。

当サイトにはブラジリアンワックスの効果やデメリットについて解説した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

このブラジリアンワックスが鼻毛処理にも応用できるということで、最近テレビなどで紹介され話題になっています。

鼻毛を脱毛する場合は、鼻の穴にブラジリアンワックスを付けた鼻毛脱毛専用スティックを突っ込み、一気に鼻毛を抜きます。ブラジリアンワックスで鼻毛を処理すると、一度に大量の鼻毛を抜くことができ、爽快感があると注目を集めています。

さらに自宅で簡単にブラジリアンワックスを作る方法もあり注目されていますが、鼻毛脱毛に使うのはおすすめしません。

鼻の中は、吸い込んだ空気に十分な湿度を与えたり、空気の温度を調整するために粘膜で覆われています。そこに強力な粘着力のあるブラジリアンワックスを塗ってしまうと、脱毛時に粘膜も鼻毛と一緒に剥がしてしまう可能性があるんです。

鼻の中の粘膜が傷ついて保温、保湿機能が失われると、呼吸器疾患やアレルギー性鼻炎などの原因になってしまいます。実際に、鼻毛をセルフ脱毛をしてから違和感を感じて耳鼻科に駆け込む人もいるんですよ。

毛抜きで鼻毛を抜くのも危険!鼻の中はデリケート

ブラジリアンワックスのように一度に多くの鼻毛を抜かずに、毛抜きで少しずつ抜くという場合にも危険が潜んでいます。

当サイトでは毛抜きの正しい使用方法を紹介している記事もありますが、正しく毛抜きを使っても鼻の中の皮膚は他の部位と比べて傷付きやすく雑菌が入りやすいんです。毛抜きで鼻の中をいじるとすぐに傷が付いてしまうため、鼻毛脱毛に使うのはおすすめできません。

鼻毛が生えているのは、鼻の穴の一番外側ですが、そのすぐ後ろには毛細血管が密集している「キーゼルバッハ部位」と呼ばれる部分があります。

毛細血管が密集している「キーゼルバッハ部位」の解説

キーゼルバッハ部位はとてもデリケートで、少し傷付いただけでもすぐに出血してしまいます。

また、鼻毛は微生物やホコリから身体を守る役割があるため、鼻の中には雑菌がいっぱいです。鼻の中は傷つきやすい上、雑菌が多いため炎症が起きやすいんです。

鼻の中で起こる炎症の中には毛嚢炎(もうのうえん)といって、脱毛で傷ついた毛穴に菌が繁殖し、膿を持ったできものができる場合があります。

毛嚢炎は、鼻の中でできると菌が脳まで進行して脳炎や髄膜炎を発症することがあり、最悪の場合死に至る場合もあるんです。

し、死んじゃう可能性があるの?鼻毛を処理して死んじゃうなんて絶対イヤ!
毛嚢炎といった炎症が起こる可能性があるのは、毛抜きもブラジリアンワックスも一緒よ。

だから、鼻毛は無理やり抜いて処理しないようにしてね。

鼻毛の永久脱毛は可能!でも鼻毛の役割が損なわれる恐れあり

ムダ毛を生えてこなくする方法として光脱毛やレーザー脱毛といった方法がありますが、これらの方法も鼻毛にはオススメしません。

まず、光脱毛は脱毛サロンのエステティシャンが施術を行います。でも鼻の中は脱毛するには危険な部位なので、医師以外の人に触られるのはリスクが高く、やめておいたほうが良いです。

一方、医療レーザー脱毛はクリニックで専門医が施術してくれます。単純に脱毛するのではなく、鼻毛の機能が失われない程度に脱毛してくれるので光脱毛よりは安心です。

医療レーザーによる鼻毛脱毛の料金は1回5,000~8,000円程度で、平均5~8回(1年~1年半)で脱毛が完了します。

ただし、鼻毛の機能が失われないまでも、毛を少なくすることで機能が弱まってしまう可能性があるため、医療レーザー脱毛もオススメはしません。

鼻毛脱毛はリスクが高いため、実際に取り扱っているクリニックも少数です。

鼻毛脱毛には鼻毛の身体を守る機能が弱まるといったデメリットがあるわ。

それでもどうしても脱毛したい場合は、医療レーザー脱毛でお医者さんに脱毛してもらってね。

鼻毛ハサミや鼻毛カッターで安全に自己処理するのがおすすめ

鼻毛の機能を損なわずに、安全に処理する方法として一番おすすめなのは、鼻毛ハサミや鼻毛カッターで自己処理する方法です。

自己処理は面倒ですし、定期的に処理を続けなければなりませんが、飛び出ている鼻毛を1本ずつ切るだけなら、鼻毛はなくならず身体のフィルター機能も損なわれません。また、毛を切るだけなので、毛穴から雑菌が入って炎症を起こすようなこともないので安心です。

キレイに安全に鼻毛を処理する方法を紹介します。

鼻毛ハサミでの正しい自己処理方法!飛び出した毛だけ切ろう

鼻毛ハサミで手入れする場合には、鼻毛切り用の先が丸くなったハサミを準備してください。ドラッグストアなどでも1,000円くらいまでで売っています。

鼻毛ハサミ

参照元:貝印株式会社

似たようなハサミに「眉毛切り用ハサミ」もありますが、こちらは先が尖っているため鼻の中に入れると危険です。必ず鼻毛用を用意してくださいね。

鼻毛処理の手順は以下の通りです。

鼻毛処理の手順
1、ティッシュなどで鼻の中の水分を拭き取る。
2、鼻先を軽くつまんで上下左右に動かし、飛び出している毛を一本一本切る。
3、手入れが終わったら、次に使う時のためにハサミをアルコール消毒する。

1つめの鼻毛処理のコツは、鼻の中の水分を事前に拭き取っておくことです。鼻の中が濡れていると、毛が倒れて重なり合っていることがあります。

水分を拭き取って、毛が1本1本立った状態で処理すれば、切り漏れを防ぐことができますよ。

2つめのコツは、鼻毛を切るときには飛び出した毛だけを1本1本根本から切ることです。1本ずつ切ることで不要な毛だけ処理して、鼻毛が少なくなりすぎるのを防ぐことができます。

処理しても良いのは、鼻の穴の入り口から0.5~1.0cmに生えている毛です。それ以上奥の毛を切ろうとすると、鼻の奥の粘膜を傷付けたり、粘膜に生えている嗅毛を切ってしまう恐れがあります。

また、中途半端な長さで切ってしまうと、鼻の中がムズムズするので根本から切りましょう。処理後のハサミは、次回使うときのために消毒しておいてください。消毒液を含ませたガーゼなどで軽く拭けばOKです。

鼻毛カッターでも手軽に安全に鼻毛処理できる

鼻毛カッターは、鼻の穴の入り口部分だけ鼻毛処理できる構造になっているため安全ですし、キレイにカットすることができます。鼻の中でスイッチを入れるだけで、ムダに伸びてしまった鼻毛をカットしてくれますよ。

鼻毛ハサミ

参照元:Panasonic

値段は2,000円程度で、家電量販店で販売しています。おしゃれな見た目のものが多く、ポーチに入れていても鼻毛カッターだとは分かりませんね。外出先で気になったときにもお手洗いなどでこっそり処理できます。

処理の際はハサミで切る時と同様、使う前に鼻の中の水分をしっかり拭き取って、毛が立つ状態にしてからカットしてくださいね。

鼻毛をカットすることで、さっき言ってたキーゼルバッハ部位を傷つけることはないんでしょうね?
外に出ている毛だけ切ったり、鼻の穴の入り口付近だけ処理すれば、粘膜や嗅毛だけでなくキーゼルバッハ部位も傷つけることはないわ。

あくまでも鼻の穴から出ている浅い部分の毛だけ処理してね。

鼻毛が伸びやすくなる生活環境を紹介!空気が汚れているとNG

鼻毛には身体を守る役割があるため、生活環境によっては防衛機能が働き、鼻毛が伸びやすくなってしまうんです。

せっかく鼻毛をキレイに処理していても、普段身を置いている環境が悪いと処理の頻度が多くなってしまいます。鼻毛が伸びやすくなるケースと、対策を紹介します。

空気が汚れていると鼻毛が伸びる!空気清浄機や掃除で対策を

鼻毛が伸びやすくなるケースの1つめは空気の汚れです。

排気ガスが多いところや埃っぽいところなど空気が汚れている環境に長くいると、身体の中に雑菌を入れないようにするため鼻毛が早く伸びてしまいます。

空気清浄機をつけたり、マスクをするのはもちろん、部屋をこまめに掃除して清潔に保つことが、鼻毛が伸びすぎないようにするために大切です。

タバコを吸うと2倍の速度で鼻毛が伸びる!副流煙も危険

タバコも鼻毛が伸びやすくなる要因の1つです。有害なタバコの煙を身体に入れないよう、鼻毛が伸びてしまうんです。

喫煙者は、非喫煙者と比べて鼻毛が2倍もの速度で伸びてしまいます。

自分自身が吸わなくても、タバコの煙が充満しているところにいるだけでも鼻毛は伸びやすくなります。タバコの煙で充満している職場で働いている人は、マスクで対策しましょう。

ダニや花粉も空気の汚れの原因になるのよ。
そうなんだ。どう対策するのがいいのかなぁ?
布団をこまめに干したり、花粉シーズンは洗濯物についている花粉をしっかり落としてから家の中に取り込むことが大切よ。

鼻毛脱毛は危険がいっぱい!おすすめは鼻毛カッターや鼻毛ハサミ

鼻毛は他のムダ毛とは違って、身体を守ったり、においを嗅ぎ分けるといった役割を持つ必要な毛です。むやみにワックスや毛抜きなどで脱毛して、ツルツルにしても良い毛ではありません。

また、鼻の中は傷つきやすく、間違ったムダ毛処理をしてしまうと傷口が炎症を起こしてしまい、最悪の場合は炎症が脳にも広がってしまう可能性もある恐ろしい部位です。

といっても、鼻毛が飛び出たまま人と会うわけにはいきませんよね。

エチケットとして鼻毛を処理する場合は、不要な部分だけを鼻毛ハサミや鼻毛カッターで丁寧に自己処理するようにしましょう。