医療レーザーvs光脱毛!女性のひげ脱毛はどちらがおすすめ?

医療レーザーvs光脱毛!女性のひげ脱毛はどちらがおすすめ?

意外と目立つ鼻下や口周りのヒゲ、毎日お手入れするのは面倒だと感じている人も多いのではないでしょうか。

また、頻繁な自己処理による刺激のせいで、皮膚のメラニンが増えて色素沈着が起きてしまった人や、産毛が濃くて剃ると青ひげになってしまう人など、薄く生えたヒゲに悩まされている人は少なくありません。

口周りの産毛に悩んでいる人におすすめなのが、根本的に毛を生えてこなくする脱毛です。脱毛してしまえば自己処理の必要がなくなるため、色素沈着が改善されます。また、毛根からムダ毛を処理するので青ひげだって解消できますよ。

脱毛の方法には、クリニックの医療レーザー脱毛とエステや専用サロンでの光脱毛があります。鼻下のヒゲ脱毛にはどちらの方法が適しているのか、効果や費用、痛みや副作用の点から徹底的に検証します。

医療レーザー脱毛と光脱毛は威力が違う!効果や痛みにも違いあり

ムダ毛を根本的に生えなくする方法といえば医療レーザー脱毛と光脱毛が挙げられますが、この2つの違いって一体何なのでしょうか。

医療レーザー脱毛も光脱毛も、実は仕組みは同じです。毛根に強い光を当て、毛を育てる細胞を壊したりダメージを与えたりすることで脱毛しています。

わざわざ呼び方を変えているのは、ムダ毛に当てる光の強さが違うからなんです。

光が強いのは医療レーザー脱毛です。光が強いということは威力も強く、クリニックの専門医しか取り扱うことはできません。一方、光脱毛は威力が抑えられているため、エステやサロンで誰でも取り扱うことができます。

また、光の強さが異なることによって、以下のように脱毛効果や施術時の痛みにも以下のように差があります。

医療レーザー 光脱毛
脱毛効果 高い 低い
施術時の痛み 太いゴムでバチンと弾かれるような痛み 小さなゴムでパチンと弾かれるような痛み
副作用※の可能性 高い 低い

※赤みや炎症など

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べれば副作用が起きる可能性は低いけど、100%起きないわけではないわ。
えっ?そうなの?じゃあどうしたらいいの?
当日はお風呂はシャワーで済ませるといった注意事項をサロンで教えてもらうはずだから、お肌のためにもきちんと守ってね。

ひげ脱毛の効果低い?鼻下のひげを光脱毛するメリットデメリット

鼻の下は顔の中心に近くて目立つ場所なので、安全に脱毛したいですよね。

当サイトでは光脱毛やレーザー脱毛以外の鼻下や口周りのムダ毛処理方法も紹介していますが、毛抜きやワックス脱毛だと肌への負担も大きいうえ時間が経てばまた生えてきてしまうのでおすすめできません。

また、生活習慣の見直しでひげを薄くする方法も紹介していますが、こちらは肌への負担はないもののムダ毛が根本的になくなるわけではありません。

ムダ毛を生えてこなくするうえ、脱毛時の痛みも小さく赤みや炎症が起きる可能性が低い点は、光脱毛を選ぶメリットの一つです。

では他に鼻下脱毛に光脱毛を選ぶメリットやデメリットはあるのでしょうか。詳しく紹介します。

サロンでの光脱毛は産毛に効果薄い!脱毛までの回数

サロンの光脱毛は肌トラブルが起きる可能性や痛みが小さいメリットがありますが、威力が抑えられているため脱毛効果は低くなってしまいます。

特に、顔の産毛や細い毛には脱毛効果が見込めない可能性もあるという致命的なデメリットもあるんです。

なぜ光脱毛は産毛や細い毛には効果が現れにくいのでしょうか。

脱毛の時に当てる光は、毛の黒い色素であるメラニンに反応して熱を発生します。その熱で毛根や毛を育てる細胞を破壊して脱毛するのですが、産毛や細い毛はメラニンが薄いため、熱が毛根まで届きにくく、脱毛効果が低くなってしまうんです。

光脱毛の解説イラスト

一般的に何回くらい脱毛に通えば効果が出るのかは、以下の表の通りです。通う頻度は2ヶ月に1回程度になります。

ひげの光脱毛の回数と効果

脱毛回数 効果
3回(半年程度) 効果を実感し始める
6回(1年) 自己処理が楽になる
12~18回(2~3年程度) 脱毛完了

脱毛完了まで12~18回程度と幅がありますが、効果の出方は人それぞれです。

もともと産毛が少ない人の中には、10回以上脱毛を続けても効果を実感できずに、結局医療レーザー脱毛に切り替える人もたくさんいます。

また、「あと何回通えば効果が現れるの?」といった疑問や不安を抱えている人が多くいるのが現状です。

光脱毛ならではのメリットは嬉しい美肌効果

光脱毛には、医療レーザー脱毛にはないメリットがあります。それは美肌効果が見込めることです。

光脱毛に使用される低出力の光には、肌の再生サイクルを活性化させ、くすみや黒ずみを予防改善する効果があります。

また、サロンの光脱毛の施術で使われるジェルには保湿成分や肌を活性化させる成分が配合されているため、肌のキメが整ったり、毛穴が引き締まるという効果も期待することができるんですよ。

光脱毛と医療レーザー脱毛が同じ仕組みなら、医療レーザーだって産毛には効果が出にくいんじゃないの?
医療レーザーでワキなどの太い毛を処理する場合と、ヒゲなどの細い産毛を処理する場合で比べたら、確かに太い毛の方が早く脱毛効果は現れるわ。

でも医療レーザーは光脱毛よりも威力が強いから、メラニンが薄くても毛根まで熱が伝わってしっかり脱毛できるから安心して。

効果大!鼻下のひげを医療レーザー脱毛するメリットデメリット

口周りの産毛、せっかく脱毛するなら完璧に脱毛したいですよね。クリニックの医療レーザー脱毛の威力なら、確実にムダ毛をなくすことができますよ。

でもそこで心配になるのが、威力が強いゆえの副作用。大事な顔に傷がついてしまっては、きれいに脱毛しても意味がありません。

医療レーザー脱毛の効果だけでなく、副作用やクリニックでのケアについて、しっかり解説します。

脱毛効果を早く実感!レーザー脱毛なら少なく済む脱毛回数

サロンでの光脱毛は人によって効果が実感できない可能性もありましたが、クリニックの医療レーザー脱毛なら早く確実に効果が出ます。

ひげの医療レーザー脱毛の回数と効果

脱毛回数 効果
1~2回 効果を実感し始める
3~5回 自己処理が楽になる
6~8回(1年~1年半) 脱毛完了

通う頻度は、1.5~2ヶ月に1回程度なので、8回通っても1年半で脱毛が完了します。

医療レーザーの副作用を解説!赤みや毛嚢炎が起きる可能性

脱毛効果が高いのは医療レーザーのメリットですが、その反面、赤みや炎症といった副作用が出やすいというデメリットもあります。

鼻下の皮膚は敏感な部分なので、レーザーを当てた後はほとんどの人に赤みが出てしまいます。

この赤みはすぐに治る人もいれば、3日程度かかって治まる人もいます。ただ、真っ赤になるわけではなく、化粧で十分隠せるくらいの薄い赤みなので、そんなに不安がる必要はありません。

また、レーザーで弱ってしまった毛穴に雑菌が入ると、毛嚢炎(もうのうえん)という白いニキビのようなできものができることもあります。

ただ、こちらについても心配することはありません。「毛嚢炎ができた」という医療レーザー脱毛の口コミを見ても、1~2個できたくらいで、2~3日程度で治ります。レーザーを当てたところを清潔にして、こまめに保湿すれば毛嚢炎を予防することもできますよ。

施術の際は、1発目のレーザーを当てた後に「この痛みでも大丈夫ですか?」と確認されますので、痛い場合は肌のためにも無理せず、威力を調整してもらいましょう。

副作用があってもクリニックなら素早く確実に処置してもらえる

赤みや毛嚢炎といった副作用を知って、医療レーザー脱毛は怖いと思った人もいるかも知れません。

でも、顔というデリケートで大切な部分だからこそ、万が一副作用が起きた際に迅速に対応してもらえるクリニックでの脱毛が安心です。

肌が弱い場合や痛みを感じやすい場合は、施術前にドクターに相談することもできます。相談しておけば、施術時には麻酔クリームを塗ってくれたり、施術後にも炎症止めの薬を塗ってくれますよ。

不安なことも事前にドクターに相談できて、素早く正確に処置してくれるクリニックの方が安心、安全ですよね。

医療レーザー脱毛の仕組みや効果、費用については、医療レーザー脱毛のメリットは?気になる仕組みと費用・効果で詳しく紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

クリニックの中には施術後に肌荒れ防止のためのクリームを無料で処方してくれるところもあるのよ。

クリニック選びの時には、施術後もしっかりケアしてくれるところを選ぶといいわね。

鼻下脱毛の費用は脱毛完了までの回数で比較するのがポイント

医療レーザーと光脱毛の効果や副作用について紹介しましたが、次に気になるのは費用ですよね。おそらく、一般的に医療レーザー脱毛の方が高額になると聞いている人も多いのではないでしょうか。

鼻下脱毛の場合、医療レーザーと光脱毛で費用がどれほど違うか比較してみました。

医療レーザー脱毛 光脱毛
費用(1回あたり) 4,000~6,500円 2,500~3,000円
脱毛完了までの回数 6~8回 12~18回
合計額 6,500円×8回
=52,000円
3,000円×18回
=54,000円

実は鼻下脱毛の場合、医療レーザー脱毛の方が安い費用で脱毛できるんです。

医療レーザー脱毛の方が一回あたりの費用は高いですが、鼻下の産毛脱毛の場合、脱毛完了までの回数が光脱毛と比べてかなり少ないため結果的に光脱毛よりも安く脱毛できます。

脱毛効果の差が、費用にも影響を及ぼすんですね。

しかも、光脱毛で鼻下のヒゲを脱毛する場合って、10回以上通っても効果が実感できない人もいるって言ってたよね?
そうよ。だったらお金をムダにしないためにも確実に効果の出る医療レーザー脱毛の方がいいわよね。

光脱毛と医療レーザー脱毛のメリットデメリットまとめ

光脱毛と医療レーザー脱毛のメリットとデメリットをまとめました。

光脱毛のメリットデメリット

メリット デメリット
  • 施術時の痛みが小さい
  • 赤みや炎症などの副作用が起きにくい
  • 美肌効果がある
  • 脱毛効果が低く、複数回通っても産毛が無くならない人もいる
  • 脱毛完了まで時間がかかり、その分費用もかかる

医療レーザー脱毛のメリットデメリット

メリット デメリット
  • 脱毛効果が高い
  • 早く確実に脱毛効果を実感できるため、費用も抑えることができる
  • 副作用が出ても、迅速に正確な処置をしてもらえる
  • 施術時の痛みが強い
  • 赤みや毛嚢炎といった副作用が出やすい
せっかく脱毛するって決めたなら、効果も高いし医療レーザー脱毛かなぁ。副作用はちょっと怖いけど・・・どう思う?
私も同感よ。効果が確実に出て、脱毛までのトータルの費用も安くなるしね。
でもやっぱり副作用は怖いわよ!私のキレイなお肌に赤みが出ちゃうとか許せないわ・・・!
万一副作用が出た場合だって、お医者さんが対応してくれるから安心よ。

鼻下脱毛は医療レーザーがいい!クリニックは効果が高くて安全

鼻下の光脱毛と医療レーザー脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、せっかく脱毛をするなら医療レーザー脱毛で確実にヒゲをなくすことをおすすめします。

医療レーザー脱毛なら確実に脱毛できますし、効果が出るかどうか分からない光脱毛を続けるよりも経済的です。

副作用の心配はありますが、ドクターに相談してすぐに薬を処方してもらうことも可能なので、エステやサロンよりも安心、安全です。

医療レーザー脱毛で鼻下の薄いヒゲを根本的になくして、面倒な自己処理や青ひげの悩みから解放されましょう。